14スレ目の74(ななよん)の妄想集@ウィキ

まじ☆はーど > メインキャラクター > リヨン=ナール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名

リヨン=ナール

キャラクター説明

元々はホウマ星の戦士だったが、ホウマ星を手土産にダイアークへ忠誠を誓った女性。
今は幹部の一人として太陽系征服作戦の総指揮を任されている。
見た目は地球人でいうと27歳ぐらいの妖艶さの漂うアブない女性で、
服装は一見すると新宿辺りのヘルス嬢にしか見えない大胆で露出度の高い物。
戦士としての実力も一級品でありながら、目的のためにはどんな手段でも躊躇いもなく実行する残忍さと狡猾さを備えている。
その狡猾さは捨て駒の相手に最期の最期まで彼女に捨石にされた事を気づかせない程である。
地球にホウマ星の戦士達に良く似た力の持ち主がいた事には驚いているが、ホウマ星の戦士が地球人に憑依している事実にはまだ気づいていない。

なお、ホウマ星に居た頃は柔らかな物腰と圧倒的強さから女神と崇められ、沢山の戦士が彼女に憧れ、彼女に近づこうと訓練を積んでいた。

人称

一人称

「私(ワタクシ)」

二人称

「坊や(知らない未成年男性全般、知っているがあえて名前を呼ばない場合)」
「お嬢ちゃん(知らない未成年女性全般、知っているがあえて名前を呼ばない場合)」
「お兄さん(知らない男性全般、知っているがあえて名前を呼ばない場合)」
「お姉さん(知らない女性全般、知っているがあえて名前を呼ばない場合)」
「”苗字”or”名前”ちゃん(知っている人物全般)」
「”苗字”or”名前”(知っている人物全般、真剣な時)」
「貴様(敵)」
「サデスト様(アーク=サデスト)」「レーア(ロープ=レーア)」
「ロッド(ザン=ロッド)」「カール(スパン=カール)」

三人称

「あの子(知らない男性全般、知っているがあえて名前を呼ばない場合)」
「あの娘【こ】(知らない女性全般、知っているがあえて名前を呼ばない場合)」
「あの”特徴”(敵)」
「”苗字”or”名前”ちゃん(知っている人物全般)」
「サデスト様(アーク=サデスト)」「レーア(ロープ=レーア)」
「ロッド(ザン=ロッド)」「カール(スパン=カール)」

口調&口癖

「私のため、偉大なサデスト様のため、存分に働いてネ。ぼ・う・や。」
「あの娘【こ】、きっと貴方好みの声で啼くわよ。レーア。」
「あらあら、無理しちゃって・・。無理はよくないわよ?お嬢ちゃん。」
「カザネちゃんだっけ?お嬢ちゃんに憑いてる”お友達”に何を吹き込まれたかは知らないけど、甘いよ。」など。

相関関係

  • アーク=サデスト→偉大なるボス、しかし実は・・・
  • ロープ=レーア→かつて自分の星を滅ぼした張本人、今はただの駒
  • ザン=ロッド→部下の一人でただの駒
  • スパン=カール→部下の一人でただの駒
  • ショット=アリア →元同胞、イリスの玩具その1程度の認識
  • アール=イリス →元同胞、元部下、半ば師弟関係に近い物があったが、ある出来事が原因で冷戦状態
  • スピリット=カーマイン →元同胞、イリスの玩具その2程度の認識
  • 神谷シノブ →地球人の魔法少女、ちょっと好みなタイプ
  • 富永エリナ →地球人の魔法少女、イリスに雰囲気が似ている
  • 川澄シノブ →地球人の魔法少女、ついイジメたくなっちゃう娘【こ】だと思っている

覚えている魔法(例

フィクシングドール

自分の分身を作りそれを操る。身体能力や特徴は全て本物と同じ。
ただし、魔力補給が自力ではできないので魔法の威力や範囲は
消費魔力を抑えるため本物より若干弱体化されている。詠唱時間は約1秒程度。
1度に1体しか作り出せず、術者の意思で消滅させた場合以外は再度作れるようなるまで3時間ほど掛かる。

センシズジャック

目を合わせた相手の魔法や魅了に対する抵抗力が低い場合に限り、
相手の五感を術者の自由意志で共有できるようになる。相手は共有されている事にまったく気づかない。
術者の意思で解除するか、相手が死亡するまで効果は続く。詠唱時間は1秒程度。

クラッシュパイル

魔法の杭を手の平から召喚し高速で打ち出す。
杭の太さや長さは自由、ただし杭が太いほど、または長いほど消費魔力が多い。
杭は術者以外の触れる物の神経組織を徐々に麻痺させていく効果がある。
杭を召喚している間は常に魔力を消費し続ける。詠唱時間は2秒程度。

バグインタプリタ

触れた相手に暗示をかける。術者の意思によって解除するか、相手の意思が激しく抵抗すると解除される。
複雑で長い暗示ほど相手の意思によって解除されやすくなる。詠唱時間は3秒程度。

アビリティミラーリング

一度受けた魔法や一部の攻撃技をコピーする。
分身、もしくは感覚共有をしていた物が受けた魔法や攻撃技でもコピーが可能。
消費魔力は強力な攻撃技ほど消費が激しく、魔法の場合は本物よりも2~5割増しぐらいになる。