14スレ目の74(ななよん)の妄想集@ウィキ

妄想の断片 > 未分類キャラクター > リベット

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名(仮)

リベット=G【ギャラクト】=ウィンストン

キャラクターイメージサンプル

左:リベット 右:金森くん

キャラメイクファクトリー で作成しました。ベスト藍色が無かったので黒で代用してます。

キャラクター説明

19歳の女性。
身長160cm程度でややタレ眼、目色は赤でスタイルは平均的。
紫色のショートカット、あまり手入れをしていないのでボサボサとしている。

おっとりとしていて、感情の起伏はあまり激しくなく、笑顔でいることが多い。
袖なしの白Tシャツと藍色のベストと黒ショートパンツにスニーカーがいつもの服装。

その言動からは想像がつかないが、実はかなりの過激派思考で兵器&機械マニア、所謂マッドサイエンティスト。
趣味は発明と改造と実験(人体実験も込み)で、作り出した物に対しては絶対の自信を持っている。
実験対象には自分自身も含まれており、見た目からは分からないが胸から下をほぼ全て機械化している。
いずれ、全身を機械化するのが夢で、そのためならば死んでしまっても構わない。
(ただし、機械化した自分の性能を確かめてから。)

お手製のお手伝いロボット”かなやん”こと金森くんと暮らしている。

+その他
両下腕部にライフル、腹部に小型ロケット、両大腿部にガンポッド、両脛にクラスターボム、
両足首とふくらはぎにホバー機構、背中にジェットブースターを内臓している他、
両手首と上腕部に実験や改造に必要な工具や計器類を一式内臓している。
左右のライフルは右腕が威力を重視した大口径型、左腕が弾数を重視した小口径型となっている。
腹部の小型ロケットと背中のジェットブースターは、服が邪魔になるので滅多に使わない。

年下の可愛い男の子を見ると理性が飛び、人体実験の材料にするため捕獲しようとする。
その時だけはきびきびと動き、口調もかなり興奮した鼻息の荒い物に変わる。

数ヶ月に一度、体が機械に対して拒絶反応を起こし生身の部分に激痛が走る。

●金森くん【かなもり】くん

見た目は12歳ぐらい、黒い短髪と黒い瞳の美少年。
実はリベットの作ったお手伝いロボットで、家事全般を完璧にこなせる。
人間に近い思考と判断が可能な超高性能AIを搭載しているが、低電圧なので起動直後は弱い。
穏やかで丁寧な言動と、爽やかな笑顔で見る人を和ませる。

理性が飛んで暴走するリベットを、如何なる手段を用いてでも制止することが一番大きな役割である。
そのためか、マスターのリベットに対しては痛烈な毒舌と容赦のない制裁を加える。

殆どがリベットと共用の部品で構成されているため、新パーツのテストベッドやスペアパーツ代わりに使える。
小型の対消滅炉を搭載しているのでほぼ無制限に動ける。
ただし、メンテナンスのため時々休止しなくてはいけない。

固定武装(?)として左手首の辺りにハリセンを収納している。

超高性能AI搭載ロボットとしての誇りはあるが、それを決して鼻にかけたりはしない。

一人称:ぼく

人称

一人称

「私」

二人称

「キミ」
「”名前”」「”愛称”」

三人称

「あのコ」
「”名前”」「”愛称”」

口調&口癖

「私はリベット、リベット=G=ウィンストンですー。 よろしくねぇ。」
「うーん、傘差すの面倒ねぇ。 上空の雨雲をぉ、ぶっとばしてしまおうかしらぁー?」
「うふふ、これでぇ、完璧だわぁ。 リベット特製ぃー、”雨雲ぶっとばーす君”よぉー。」
「か、可愛い・・・!! お姉さんが素敵に無敵に改造してあげるわぁ! こっちへいらっしゃぁぁい!!」
など。

イメージCV: