14スレ目の74(ななよん)の妄想集@ウィキ

まじ☆はーど > メインキャラクター > スピリット=カーマイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名

スピリット=カーマイン
イメージソング「Windward Birds」(麻生かほ里)
イメージCV:能登麻美子

キャラクターイメージ(生前の姿)

キャラクターなんとか機 にて作成しました。

キャラクター説明

川澄シノブ に意識体(精霊)となって憑依したダイアークに自らの星「ホウマ星」を滅ぼされた宇宙人。
177歳(地球人換算でいうと約17歳)で利き腕は右。
知識人で生真面目で心配性でお節介な性格のため普段はシノブと衝突が絶えない。
戦闘ではその豊富な知識で的確なアドバイスを出す。
本来は自分の立てた計画通り彼女の魔力を起動力にして自らを具現化して戦うつもりであったが、
地球へと意識を飛ばす際に消費した自身の魔力が思いのほか多く、
憑依してアドバイスをするぐらいしかできなくなってしまった事にかなり責任を感じている。
ショット=アリア は生前の同僚であり先輩である。
アール=イリス は生前の上司であり、彼女から所謂作戦参謀のポジションに任命されていた。
地球の事については生前の時からある程度勉強していた事もあって結構詳しいが、
極道とか任侠といった所謂裏稼業な話はまったく知らない。

人称

一人称

「私」

二人称

「シノブさん(川澄シノブ)」「イリスさん(アール=イリス)」「アリアさん(ショット=アリア)」
「貴方(貴女)(2回目以降)」
※基本的にはシノブとアール=イリスとショット=アリア以外とは喋れない。

三人称

「あの子(知らないシノブより年下全般)」
「彼(男性全般)」「彼女(女性全般)」「あれ(敵)」
「”苗字”or”名前”(知っている敵全般)」
「”苗字”or”名前”君(知っているシノブと同級生までの男性全般)」
「”苗字”or”名前”ちゃん(知っているシノブと同級生までの女性全般)」
「”苗字”or”名前”さん(知っている人物全般)」
「”苗字”or”名前”+”役職”(知っている人物全般を改まって指す時)」
「シノブさん(川澄シノブ)」「イリスさん(アール=イリス)」
「アリアさん(ショット=アリア)」「マサさん(矢尾正之)」
「おじいさま(川澄真太郎)」「おじさま(川澄善治)」

口調&口癖

「なっ! う、五月蝿いって、私はシノブさんのためを思ってですねぇ!」
「シノブさんはもう少し落ち着いて、行動する前に事情をよく聞いた方がいい・・・ってちょっと!」
「私の計算が甘かったばかりに・・・。どんな顔して彼女達に会えばいいのでしょう・・・?」
「全て私の責任なのに、シノブさんの代わりに傷を受け止める事も出来ないなんて!」
「シノブさん、危険です! 深追いしてはいけません!」など。

相関関係

  • 川澄シノブ→憑依対象、後先考えないので口論が絶えないが大事な友達であり戦闘パートナー
  • 神谷カザネ →ショット=アリアの戦闘パートナーで、アリアと仲良くしてもらっているシノブが迷惑かけている先輩
  • 富永エリナ →アール=イリスの戦闘パートナーで、イリスが気に入っているシノブの頼りになりそうな先輩
  • ショット=アリア→先輩であり同僚であり親友であり戦友、彼女の明るさと優しさに何度も救われている、カザネとの仲もよくて安心している
  • アール=イリス→上司であり親友であり戦友、いい人だけど普段の態度が態度なのでエリナに迷惑をかけてないか心配している
  • リヨン=ナール →倒すべき敵だけどアリアの気持ちを考えて出来れば倒したくない、地球に来ている事は知っている
  • アーク=サデスト→何があろうと倒すべき敵だけど名前を知っている程度
  • ザン=ロッド→倒すべき敵だけど名前と地球に来ている事を知っている程度
  • スパン=カール→倒すべき敵だけど名前と地球に来ている事を知っている程度
  • ロープ=レーア→過去に自分の星を滅ぼした倒すべき敵、地球に来ている事を知っている

覚えている魔法

スタイルフィクシング

キーアイテムを依り代にして術者の体に別の者の身体能力や特殊能力を定着させる魔法。
術者の身体能力と対象の身体能力の差は術者の持つ魔力によって補間される。
また、対象となる者の同意が必要である。所謂”変身”である。
詠唱時間は約1秒。消費量はほぼ無し。ただし、発動中は補間している分の魔力が消費され続ける。

テレパス

ショット=アリア、アール=イリス、スピリット=カーマインがお互いや其々の憑依対象と話す時に用いられるほか、
神谷カザネ、富永エリナ、川澄シノブも変身中ならばお互いに意思疎通を図ることができる。
一度同じ空間に居る事を認識出来れば、相手が何処に居ても送信可能。

アシストウイング

超低空で体を浮かせる事で高速移動や空中ジャンプ (1度のジャンプで1回分) が可能になる。
詠唱時間はほぼ一瞬なので使う前にすぐ詠唱ができる。
消費は微々たる物である (通常の走ったり飛んだりする運動で消費する中に含まれている)
カーマインの物は熟練度が高いので、他の2人よりも効果が高い。

バリアフレーム

魔法の障壁で体を覆い、あらゆる物理攻撃や魔法攻撃を殆ど全て無効化する。
発生させている間は術者は一切の身動きが取れず、地中からの攻撃には無防備。
詠唱時間は一瞬だが、発動時間が長ければ長いほど消費が増える。

パワーブースト

一定時間高速移動の移動速度が上がる。
また、見えない防護障壁が正面から高速移動中の術者覆い、物理攻撃や魔法攻撃の衝撃を少しだけ吸収する。
詠唱完了までの時間は数秒、消費量は中程度。重ねがけして効果を増したりはできない。

ツインチャージ

詠唱が完了した攻撃魔法を1つだけ何時でも発動可能状態に保ったまま行動ができるようになる。
発動に必要な魔力を温存しておけるわけではないので、発動時には必要な分の魔力を消費する。
また、キープ状態である程度の肉体的、精神的ショックを受けると詠唱失敗と同じ現象がおきる。
変身を1度解除するか、任意でキープを解除するとキープ状態はキャンセルされる。
変身中はずっとキープした状態を保てるが、変身中は魔力を消費し続けるため実質的には1回の変身中だけである。
この魔法自体の詠唱時間はほんの僅か、消費量も殆どなし。

ブラストインパクト

地面に拳を叩きつけ、衝撃で術者の周りの地面を激しくうねらす。
効果範囲は一般的な近距離魔法と同じぐらいの範囲。
威力自体はそれほど高くないが、ほぼ確実に宙に体を投げ出されるため体勢を崩す。
空中で発動した場合は真下に衝撃波を飛ばす。射程は一般的な近距離魔法と同じぐらい。
その威力は地面に凄い速さで叩きつけられそうな圧力を感じて体勢をかなり崩しやすい。
なお、その時の反動で術者は空中に舞う事ができる。詠唱時間は数秒で、消費量は中程度より若干少ない。

グラビティフィールド

地面に拳を叩きつけ、目の前に超重力場を作り出す。
効果範囲は人が2、3名は入るぐらい。
殆どの者が地面に倒れて動けなくなるぐらいの圧力が掛かる。
効果時間は十数秒。詠唱時間は十数秒で消費量は中程度。

マジッククロー

魔法の刃で鉤爪を生成して斬りかかる。爪は一般家庭で台所で使う包丁ぐらいの長さである。
切れ味はなかなかよく、魔法の刃なので折れたり切れ味が悪くなったりはしない。
詠唱時間は数秒で、消費量はかなり少ない。ただし生成中は常に魔力を消費する。

アイスストーム

拳を突き出すと同時に-40度ぐらいの冷気の嵐を打ち出す。
射程は一般的な近距離魔法よりも若干短いぐらい。
威力はそれなりに高く、同時に凄い衝撃を受けるためかなりの距離をぶっ飛ばされる。
また、急激に冷やされるため内臓にかなりの負担が掛かる。
なお、魔力によって作られた冷気なので、効果終了と同時に瞬時に常温に戻る。
詠唱時間は十数秒で、消費量は中程度。

トワイライトモーメント

その場に残像を残し、瞬時に2~3メートル超高速で移動する。
移動速度は光速に限りなく近く、すれ違いざまに強烈な一撃を居合いの要領で当てる。
威力はそれなりに高く詠唱時間は20秒弱で、消費量は中程度よりも多い。

イノセントデストラクタ

触れる物を原子レベルで破壊する強力な光を左手に纏い殴りかかる。
発生時間はぎりぎり1発殴れるかどうかぐらいの極僅かな物。
詠唱時間は30秒弱で、消費量は多い。
ただし、1歩間違えば術者の身を滅ぼす魔法のため強力な制限が掛かっていて乱射は出来ない。

スパークルカッター

魔法の刃で鉤爪を生成して昇竜拳的な軌道を描く高速ジャンプ斬り上げを行う。
通常のジャンプ斬り上げよりもジャンプ動作の速度や飛距離をあげている。
ある程度高度のある空中で発動するとその場に滞空しての高速斬り上げとなる。
切れ味はマジッククローの刃と同じだが、速度が乗っている分威力が増している。
詠唱時間は数秒で、消費量は少ない。
なお、マジッククローを予め発動してあった場合を除き、使用後刃を生成し続ける事は不可能。

サンダーステーク

拳に電撃を纏った状態で高速ダッシュアッパーカット。
ダッシュ距離は2~3メートル程度で速度は弾よりも速い。
威力は常人でも直撃するとかなり痛いが耐えられるぐらいだが、凄い勢いのアッパーカットなのでほぼ確実に上空に打ち上げられる。
また、電気ショックによって軽い麻痺症状が起きる可能性もある。
空中で発動すると上から殴りつけそのまま一回転する。 (スマブラのファルコンナックル的な技)
詠唱時間は十数秒で消費量は中程度。

シャイニングシュート

右足に魔力を込めてサマーソルトキック的な軌道の後方宙返りをして蹴り上げる。
ある程度高度がある状態だとその場で滞空しての後方宙返り蹴り上げになる。
威力はそれなりに高く、蹴り上げる速度が速いのでほぼ確実にそのまま上空に投げ出される。
詠唱時間は十数秒で消費量は中程度。

ノヴァストライク

頭上に拳を振り上げると、空中に爆発が連続して起きる。
回数は3~5発で何発起きて、其々が範囲内の何処に起きるかは術者もわからない。
爆発が起きる範囲は大体術者の上空数メートルで、半径は1メートルぐらい。
爆発の中心地が一番高く、かなりの速度でぶっ飛ばされる。
詠唱時間は20秒弱で消費量は中程度より多いぐらい。