14スレ目の74(ななよん)の妄想集@ウィキ

妄想の断片 > 未分類キャラクター > フェルト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名(仮)

フェルト

キャラクターイメージサンプル


キャラクター説明

愛称、フェイ。
紫色の瞳と、栗色のセミロングが特徴。
年齢20歳、身長150cm程度、スタイルは平均的で利き腕は左。

紺色の修道服に赤いロングマフラーを横結び(俗に言うヒーロー結び)、頭に白いバンダナを鉢巻のように巻いている。
足元は出掛ける時に直感で選ぶため、これという物はない。

お調子者で人懐こくおしゃべりが大好き。
感情表現が豊かで見ていて飽きない。
気に入った相手には滅茶苦茶な愛称を勝手つけて呼ぶのが趣味という、困った趣味の持ち主である。

職業は修道士かと思いきや、小説家。
ペンネームは「アサルターフェイ」で、バトルアクション物やアドベンチャー物を書かせたら右に出る者はいないと評判。
いつも〆切に追われているが、ぎりぎりの緊張感が好きなので、わざとぎりぎりまで書かないだけである。
「ネタが無ければ作ればいい」の精神で、彼方此方に自ら飛び込んでは小説のネタを作っている。

武器は羽根ペン。
羽根ペン自体は極普通の羽根ペンだが、武器として使う時は「魔力」を注ぎ込んで鋼よりも硬く強い物質に変化させている。
この能力は本人曰く「気が付いたらできるようになっていた」能力であり、羽根ペン以外の物には効果がない。
能力発動に必要な予備動作、発動時や発動中の見た目の変化は一切なし。
魔力は吐いて棄てるほど持っているが、魔法は一切使えない。
なお打撃技と投げ技中心の格闘術にも長けているため、普段の戦いは専ら空手で済ましている。

+その他
好きな食べ物はフライドポテトで、材料が手元にあると無意識の内に作って食べているほど好き。
最近は塩味以外の味を模索しているとかいないとか。

理想の男性像は特になし、というより色気より食い気である。

両親は幼い頃に事故で死別、現在着ている修道服はその時に無意識に選んだ喪服である。
両親の死が信じられず、現実を考えないようお気楽に振舞っている内にそれが日常となってしまった。

趣味の愛称付けは構って欲しいという潜在意識からくる物であるため、態とセンスが酷い。
無論、本人はそんなつもりはなく真面目に一生懸命考えてつけている。
文才は母親譲り、武術の才は父親譲りである。

ロングマフラーは犬の尻尾みたいに感情に合わせて動くらしい。
足元には無頓着なため、裸足にスリッパとかで出かけたりする時もあるらしい。

人称

一人称

「ワタシ」

二人称

「キミ」
「”名前”」「”愛称”」

三人称

「彼」「彼女」
「”名前”」「”愛称”」
「アレ」

口調&口癖

「ワタシ? フェルト、フェイって呼んでねッ♪」
「ひぇー、〆切まで後10分だぁー。 わー、どーしよぉーかなぁー。(棒読み)」
「・・・ハッ! 気が付いたら目の前に大量のフライドポテト、コーンポタージュ味がッ! まいいや♪ いっただきまぁっす♪」
「キミと夜明けまで殴り合ったら素敵なネタになる気がする! というコトで、えいッ♪(ボグシャァ)」
など。

イメージCV:笠原弘子