14スレ目の74(ななよん)の妄想集@ウィキ

まじ☆はーど > メインキャラクター > アール=イリス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名

アール=イリス
イメージソング「鏡の中」(can/goo)
イメージCV:三石琴乃

キャラクターイメージ(生前の姿)

キャラクターなんとか機 にて作成しました。

キャラクター説明

富永エリナ に意識体(精霊)となって憑依したダイアークに自らの星「ホウマ星」を滅ぼされた宇宙人。
241歳(地球人換算で約24歳)で利き腕は右、但し左も一応は使うことができる。
普段はノリの軽い楽天家だが、実は使命感と責任感が強く、必要とあれば非情な判断も辞さない。
ついたあだ名は”氷のイリス隊長”、当然本人は快くは思っていないが事実でもあるため反論できずにいる。
自身の魔力不足からエリナを巻き込んでしまっていることには負い目を感じているが、それを表に出さないようにしている。
(負い目を感じているならば、フォローを完璧にこなせばいいという考え。)
ショット=アリア スピリット=カーマイン とは戦友であり生前の部下である。
地球についてはそれなりに知っている。また、何故かヘンなところだけ妙に詳しかったりする。

人称

一人称

「アタシ」

二人称

「エリナ(富永エリナ)」「エリねえ(富永エリナ、真面目な話ではない時)」
「アリアちゃん(ショット=アリア)」「マインちゃん(スピリット=カーマイン)」
「キミ(2回目以降)」
※基本的にはエリナとショット=アリアとスピリット=カーマイン以外とは喋れない。

三人称

「あの子(エリナより年下の知らない男性全般)」
「あの娘【こ】(エリナより年下の知らない女性全般)」
「”苗字”or”名前”君(知っているエリナより年下の男性全般)」
「”苗字”or”名前”ちゃん(知っているエリナより年下の女性全般)」
「”苗字”or”名前”(知っている人物全般)」
「彼(エリナより年下の知らない男性全般)」
「彼女(エリナより年下の知らない女性全般)」
「アイツ(敵)」「エリナ(富永エリナ)」「エリねえ(富永エリナ、真面目な話ではない時)」
「ハヤト君(塩沢隼人)」「アリアちゃん(ショット=アリア)」「マインちゃん(スピリット=カーマイン)」

口調&口癖

「はーいはいはい。黙ってまーす。」
「あー、まぁ何とかなるんじゃない?」
「エリねえ~、いい加減ハヤト君で遊ぶのやめれば?」
「あいよ。合図は任せて。・・・来るよ!」
「・・・キミらしくない。」
「アタシも、マインちゃんとシノブちゃんは仲いいと思うなー。」
「ん?アイツ?動きは遅いけど硬いよ。」など。

相関関係

  • 富永エリナ→憑依対象、魔力が回復するまでの協力関係という事にしているが友達だと思っている戦闘パートナー
  • 神谷カザネ →ショット=アリアの戦闘パートナー、雰囲気がアリアに似てるエリナの妹分
  • 川澄シノブ →スピリット=カーマインの戦闘パートナー、カーマインといいコンビだと思うエリナの後輩で、エリナの天敵w
  • ショット=アリア→部下である以上に親友であり戦友、彼女をからかうのが密かな楽しみ、カザネについているので安心している
  • スピリット=カーマイン→部下である以上に親友であり戦友、アリアをからかって窘められるのが密かな楽しみ、シノブについているので安心している
  • リヨン=ナール →アリアには悪いけど倒すべき敵であると思っており地球に来ている事は知っている
  • アーク=サデスト→何があろうと倒すべき敵だけど名前を知っている程度
  • ザン=ロッド→倒すべき敵だけど名前と地球に来ている事を知っている程度
  • スパン=カール→倒すべき敵だけど名前と地球に来ている事を知っている程度
  • ロープ=レーア→過去に自分の星を滅ぼした倒すべき敵、地球に来ている事を知っている

覚えている魔法

スタイルフィクシング

キーアイテムを依り代にして術者の体に別の者の身体能力や特殊能力を定着させる魔法。
術者の身体能力と対象の身体能力の差は術者の持つ魔力によって補間される。
また、対象となる者の同意が必要である。所謂”変身”である。
詠唱時間は約1秒。消費量はほぼ無し。ただし、発動中は補間している分の魔力が消費され続ける。

テレパス

ショット=アリア、アール=イリス、スピリット=カーマインがお互いや其々の憑依対象と話す時に用いられるほか、
神谷カザネ、富永エリナ、川澄シノブも変身中ならばお互いに意思疎通を図ることができる。
一度同じ空間に居る事を認識出来れば、相手が何処に居ても送信可能。

アシストウイング

超低空で体を浮かせる事で高速移動や空中ジャンプ (1度のジャンプで1回分) が可能になる。
詠唱時間はほぼ一瞬なので使う前にすぐ詠唱ができる。
消費は微々たる物である (通常の走ったり飛んだりする運動で消費する中に含まれている)

バリアフレーム

魔法の障壁で体を覆い、あらゆる物理攻撃や魔法攻撃を殆ど全て無効化する。
発生させている間は術者は一切の身動きが取れず、地中からの攻撃には無防備。
詠唱時間は一瞬だが、発動時間が長ければ長いほど消費が増える。

マジックバレット

両手に持っているマジックガンナイフに、魔力を圧縮した弾を装填する。
片方に連続7発分チャージしておける。7発撃ち切ってから再チャージが始まり、その時間は約1秒。
有効射程距離は一般的な弓矢の有効射程距離と大体同じぐらい。
距離が近いほど威力は高いが、零距離でもなければ一般的な打撃攻撃以下の威力。
詠唱時間は一瞬で、消費はごく僅かである。

パワーブースト

一定時間高速移動の移動速度が上がる。
また、見えない防護障壁が正面から高速移動中の術者覆い、物理攻撃や魔法攻撃の衝撃を少しだけ吸収する。
詠唱完了までの時間は数秒、消費量は中程度 (シノブよりは消費する)
重ねがけして効果を増したりはできない。

ツインチャージ

詠唱が完了した攻撃魔法を1つだけ何時でも発動可能状態に保ったまま行動が出来るようになる。
発動に必要な魔力を温存しておけるわけではないので、発動時には必要な分の魔力を消費する。
また、キープ状態である程度の肉体的、精神的ショックを受けると詠唱失敗と同じ現象がおきる。
変身を1度解除するか、任意でキープを解除するとキープ状態はキャンセルされる。
変身中はずっとキープした状態を保てるが、変身中は魔力を消費し続けるため実質的には1回の変身中だけである。
この魔法自体の詠唱時間はほんの僅か、消費量も殆どなし。

マジックバースト

一定時間だけ魔法攻撃の威力を高める事が出来る。
ただし、詠唱完了までに普段よりも若干時間が掛かるようになる。
詠唱完了までの時間は数秒、消費量は中程度 (カザネよりは消費する)
重ねがけして効果を増したりはできない。

スペシャルエイド

自分自身のあらゆる外傷を癒し、体内のあらゆる有害物質を消滅させる。
ただし、あまりに深すぎる傷や強力すぎる有害物質の場合は癒しきれない。
詠唱完了までの時間は60秒近く、消費量もかなり多いので乱発は不可能。

ファイアショット

片方(普段は右)のガンナイフの銃口からハンドボールぐらいの大きさの火球を1つ打ち出す。
火球は矢と同じぐらいの速度で直進する。射程距離は一般的な中距離魔法と同じぐらい。
貫通能力は低く、威力も低め。詠唱完了までの時間は数秒で、消費も少ない (カザネよりは消費する) ため連射がしやすい。
なお、魔法でつくり出した炎なので、物に火をつけたり灯りにしたりはできない。 (暗闇で放つとその部分だけ発光しているような感じになる。)

マジッククロー

魔法の刃を生成して斬りかかる。刃は一般家庭で台所で使う包丁ぐらいの長さである。
切れ味はそれなりによく、魔法の刃なので折れたり切れ味が悪くなったりはしない。
ある程度の耐久力のある物なら受け止める事も可能。
詠唱時間は数秒で、消費量はかなり少ない (シノブよりは消費する) 。ただし生成中は常に魔力を消費する。

ライトニングシーカー

片方(普段は左)のガンナイフを前に突き出し、弓を射るような動きをして光の矢を発射する。
光の矢は超高速で一般的な中距離魔法の倍ぐらいは飛ぶ。
地上で発射した場合は術者が自在に方向を変更できるが、その間無防備になってしまう。
貫通能力は低いが威力は高め。詠唱時間は十数秒で、消費量は中程度 (カザネよりは消費する)

スパークルカッター

魔法の刃を生成して昇竜拳的な軌道を描く高速ジャンプ斬り上げを行う。
通常のジャンプ斬り上げよりもジャンプ動作の速度や飛距離をあげている。
ある程度高度のある空中で発動するとその場に滞空しての高速斬り上げとなる。
切れ味はマジッククローの刃と同じだが、速度が乗っている分威力が増している。
詠唱時間は数秒で、消費量は少ない (シノブよりは消費する)
なお、マジッククローを予め発動してあった場合を除き、使用後刃を生成し続ける事は不可能。

マジックアンカー

片方(普段は右)のガンナイフの先から先のとがっている錨を打ち出す。錨は魔法の鎖で繋がっている。
矢と同じぐらいの速度で飛び、大体10メートルぐらい飛ぶ。
錨の部分で突き刺して攻撃できるほか、何かに突き刺したり巻きつけたりして固定した状態で術者を引っ張る事や支える事が出来る。
錨の部分の威力はそれなりで、貫通能力が高い。
鎖に関しては触れるだけならば問題ない。鎖の強度は現実のクレーン車等に使われてる鎖とほぼ同等。
詠唱時間は数秒で消費量は中程度よりは少ない。ただし鎖の生成中は常に魔力を消費し続ける。

フォーリングフレア

サッカーボールぐらいの大きさの光弾をガンナイフの先から打ち出す。
常人でも意識すれば目で追えるぐらいの速度で飛びつつゆっくりと放物線を描いて落下する。
射程距離は一般的な中距離魔法より若干短いぐらい。
着弾地点を中心に人が一人スッポリ入るぐらいの大きさの爆発を起こす。
威力は爆発の中心地が一番高く、そうでなくてもぶっ飛ばされる。
詠唱時間は20秒弱で消費量は中程度よりは多い。

ストームライン

その場で立ち止まり、ガンナイフを斜め下に向けて両脇に広げて意識を集中させる。
術者を中心に人が3人ほど入れるぐらいの空間の強風が吹き荒れ、竜巻のように上昇していく。
だいたい上空数十メートルほど竜巻が伸びたところで効果終了。
その間術者は身動きが取れないが、殆どの者が外から近づく事は出来ないし触れた瞬間天高く舞う事になる。
効果範囲内に居た者に関してもまったく同様。
外傷は無いが、物凄い衝撃を受けて上空に放り投げられるため助かる見込みは薄い。
詠唱時間は40秒弱で消費量はかなり多いため乱射は不可能。

ミリオンズレイ

マジッククローと同じ刃で対象を上空に切り上げて、マジックバレットの高速連射攻撃を行う。
チャージ速度を限界まで高め1秒で100万発撃てるぐらいの速度で数秒連射する。
撃ち切った後、落下してくる相手に合わせてマジッククローで一突き。
詠唱時間は60秒以上で威力と消費量は凄まじく、当然乱射は不可能。正に一撃必殺、最終兵器である。