14スレ目の74(ななよん)の妄想集@ウィキ

妄想の断片 > 未分類キャラクター > マリナ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名(仮)

マリナ

キャラクターイメージサンプル

青バケツさん から頂きました! 感謝感激!

キャラクター説明

やる気があるのかないのか、なにを考えているのかなにも考えて居ないのかさっぱり分からない黒い三白眼。
もう少し女の子らしくできないのかと突っ込みを入れてしまいそうになる、少しボサボサな黒い長髪、先端をゴムで束ねている。

20歳ぐらいで身長は平均的、少し痩せていて貧乳、実年齢よりは大人びた印象。
寒色系の長袖シャツに長いデニムジーンズ、黒いショートソックスに青系のスニーカー、冬場は寒色系のトレンチコートを着る。

色々なことに無頓着で短絡的で面倒くさがり。
人付き合い自体は別に苦手というワケではないが、面倒なので必要性がなければ独りでいる。
目の前で困っている人が居ても基本的には我関せず、進んで助けようとは思わない。
しかし、泣きついてきた相手を無理矢理突き放すほど冷めてもいない。

なにかに本気で打ち込むことがとてつもなく下手で苦手、そのためか激しい感情の昂ぶりに慣れていない。
故に、感情の昂ぶりを感じると奇声を発したり奇行に走ったりして発散しようとする。

利き腕は左だが、幼い頃に矯正されたため普段は右を使い、本気で戦闘をする時のみ左で武器を使う。
普段は年齢相応の女の子らしい身体能力しか発揮していないが、本当は一流の兵士に匹敵する高い身体能力を持っている。
加えて自分自身に無頓着なため、一度箍が外れると超人的な身体能力を発揮する。
当然ながら負担が非常に大きいのでそう長くは持たない。

武器は標準的な大きさの日本刀、握りはレイピアにみられるような形の鍔がある。
鞘と握りの色は藍色系、金属部は銀色。
戦闘スタイルは高い身体能力に任せて、無計画に動き回って、テキトーに居合い抜きをする。
よく言えば野性的で独創的な戦い方。

+その他
奇声をあげたり奇行に走る癖はやめたいと密かに思っている。
周りには絶対に打ち明けたりしない。

父親は飲んだくれ、マリナが物心付いたぐらいには既に別れていて消息不明。
母親はのらりくらりとした掴み所のない性格で意外と面食い、しかし一方でちゃっかりと計算している所もある。
兄が一人居て歳は1つ半ぐらい上、いつでも全力投球で曲がったことが許せない、絵に描いたような熱血漢。
その性格が災いし10年ほど前に事故死している。

実家は大きな街の端っこで小さなスナック”ふくろこうじ”を経営中。
コアなファンと近隣住人の人情によって辛うじて黒字経営が続いている。
マリナは時折手伝いとして借り出されている。

父親は全く覚えて居ないし全く興味がない。
母親とは付かず離れずな関係。
嫌いじゃないしむしろ好きなので、なんだかんだ言いつつも母親の言うことは聞く。

今でも一緒に居た時のことを覚えているぐらい、兄の存在は大きかった。

人称

一人称

「ワタシ」

二人称

「キミ」「アンタ(昂ぶっている時)」
「”名前”」「”愛称”」
「オニーサン」「オネーサン」
「オッサン」「オバサン」

三人称

「オニーサン」「オネーサン」
「オッサン」「オバサン」
「”名前”」「”愛称”」
「アレ」「アイツ」

口調&口癖

「ワタシのこと? 名前、マリナ。 ・・・おしまい。」
「オニーサン、ちょいと・・・邪魔。」
「だってさ・・・。 本気でやっちゃったら、すぐ終わっちゃうでしょ? ・・・それって、なんか、ネ?」
「・・・眠い、帰っていい?」
「戦わ【やん】なきゃ、ダメ?」
「どうでもいい。 ワタシの首が飛ぶだけだし・・・。」
「フヒ・・・、ヒハハ・・・ッ! ヒャハハハッ!! やってくれるネッ! アンタなら、終わらないヨネッ? ・・・本気、やってもイイ、ヨネッ!?」

など。

イメージCV:三石琴乃
イメージソング: 天野月子「龍」