ジャン・ジュネ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

関連書籍
●責任編集『GSたのしい知識』vol.5 1/2、1987.6、「特集=Genet Special」
●『20世紀文化の臨界』

掲載記事
● 「舞台の上のジュネ:舞台の上の政治学 1986年11月24日京都大学」(渡邊守章との対談)、浅田彰責任編集『GSたのしい知識』vol.5½、1987.6、「特集=Genet Special」
● 「手帖① ジャン・ジュネの余白に」、『すばる』1987年7月号
● 「ジュネを再発見する」(鵜飼哲との対談。1996.11.24.京都大学で行われたシンポジウムの記録)、『批評空間』II-14、1997.7.→改題「ジャン・ジュネ:裏切りとしての愛」、『20世紀文化の臨界』青土社、2000
連載「手帖1999⑮ ジュネの『バルコン』を観る」、『波』2001年7月号→批評空間HP
●「プレイアード版ジュネ戯曲全集」  2002.12.24 i-mode critique
●「ジュネは反ユダヤ主義者か」 20003.6.3 i-mode critique
●「ジュネ伝の決定版」  2004.1.13 i-mode critique
●ジャン・ジュネ作「女中たち」(ゲスト浅田彰、2009.4.21 京都造形芸術大学大学院公開講座 映像+トーク2009-2010「渡辺守章の仕事 テクストと身体-その演出作品を通して」)
●ジャン・ジュネ作「バルコン」(ゲスト浅田彰、2009.5.19 京都造形芸術大学大学院公開講座 映像+トーク2009-2010「渡辺守章の仕事 テクストと身体-その演出作品を通して」)

フェミニズム・ゲイムーメント
●「浅田彰クロストーク88①」(上野千鶴子との対談)、『朝日ジャーナル』1988年6月3日号→改題「?」、上野千鶴子『接近遭遇:上野千鶴子対談集』勁草書房、1988
● 「ゲイ・ムーブメントのために」(アカーのイヴェントにて)、『インパクション』vol.71、1991年「特集=ゲイ・リベレーション」
●「共同討議 日本文化とジェンダー:〈家父長制とその批判〉から始めて」(上野千鶴子・水田宗子・柄谷行人との座談会)、『批評空間』II=3、1994.10.→柄谷行人編『シンポジウムII』太田出版、1997
●「同性愛のプロブレマティック」(渡邊守章との対談)、『文学』1995年1月号「特集=男色の領分:性差・歴史・表象」
● 「レズビアン/ゲイ・スタディーズの現在」(Clair Marie・鄭暎惠・河口和也との座談会)、『現代思想』1997年5月臨時増刊号「総特集=レズビアン/ゲイ・スタディーズ」
● 「セクシュアリティとアクティビズム」(河口和也氏、キース・ヴィンセントとのシンポジウム。1997.6.1.池袋コミュニティ・カレッジにて)、風間孝、河口和也、キース・ヴィンセント編『実践するセクシュアリティ:同性愛/異性愛の政治学』動くゲイとレズビアンの会、1998.8
「同性愛はいまだにタブーか」、『VOICE』1998年6月号、PHP研究所→批評空間HP
「陽気なポストフェミニズム?」、『VOICE』1999年9月号→批評空間HP
●「ジェンダーとセックス」(ニーナ・コルニエッツ、Jacques Lévy、松浦寿輝との座談会)、『文学』2001年3-4月号「特集=日本近代文学とジェンダー
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。