※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いろいろどうでもいい処理をちゃちゃっと書ける。
楽しいオブジェクト指向言語。適当に書いてもそれなりに動く。
ROMの中身を作ったりするのも簡単。

イテレータ

.times
self.times{|n|
  • selfの回数だけ実行

.step
self.step(limite,setp){|n|
  • self からはじめ step を足しながら limit を越える前までブロックを繰り返します。step は負の数も指定できます(省略時は 1)。また、limit や step には Float なども指定できます。

ファイル操作

  • ファイル作成
fobj = File.new("filename",'w')
  • ファイルに書き込み
fobj.print args..
他にも puts,putc などが使える スーパークラス IOのメソッド参照

小数の丸め

.ceil 大きい方へ
.floor 小さい方へ
.round 四捨五入
.truncate 0 に近い方