※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

活用例とか役に立つかも知れないスクリプトとか。



テクニック系

スクリプトの挙動を利用する例

手動タイムアウト

*尋問
:(7)プリンを食べたのはお前か!
_わたしが食べました
_ぬれぎぬです
\_w[5000]\c
いつまでも黙秘が通用すると思うな!
  • 選択肢を表示後、5秒経つとバルーンをクリアして先に進む。
  • SSPではトークを表示中でも選択肢をクリックできる仕様を利用した例。ウェイトの後に\cで強制的にクリアするだけなので手軽にできる。ミニゲームにも使える。
    • \_w[5000]の代わりに、
    • \n5\_w[1000]\c[char,1]4\_w[1000]\c[char,1]3\_w[1000]\c[char,1]2\_w[1000]\c[char,1]1\_w[1000]\c[char,1]
    • とするとよりゲームっぽくなる。

手動タイムアウト2

Ctrlキーによるスキップ中はウェイトが一瞬で飛ぶので、↑の例は時間制限も何もなくなってしまうのが難点。そこで、\![timerraise]の出番。

*尋問
:(7)プリンを食べたのはお前か!
_わたしが食べました
_ぬれぎぬです
\![timerraise,5000,1,時間切れ]

*時間切れ
:(0)いつまでも黙秘が通用すると思うな!
  • これならCtrlスキップでも時間計測に影響が出ません。

スクリプト集

開発補助系

シェルの触り判定作成補助

SSP専用コマンド \![enter,selectmode,rect] 系を活用した専用イベント。

  • dic_ext_shellrect.txt
    • surfaces.txtの触り判定座標を作る時のお供に。里々・SSP専用。
    • マウスドラッグで矩形選択をすると座標が出てくる。のでコピペ。というちょっと力技。
    • ころぺたが使えない、又はゴーストの起動だけで済ませたい人向け。
  • 注意
    • 文字コードはShift_JISです。ブラウザから見ると文字化けするかも。
    • 保存ファイル名にも注意。里々はdicから始まる辞書ファイルでないと読み込んでくれません。
    • 里々は里々/整備班カスタムの最新版を使用して下さい。
  • 使い方
    1. このファイルをメイン辞書のあるフォルダにつっこむ(ファイル名はdic_ext_shellrect.txtを推奨)
    2. ゴーストを起動する or 辞書をリロードする
    3. 次のうちどちらかで起動する
      1. 0キー 又は 1キーを押す
      2. [Ctrl+S]で入力Boxを開き、\![raise,rectmodebigin0] 又は \![raise,rectmodebigin1] と入力する
    4. 起動すると矩形選択モードに入るので領域を選択
    5. 領域選択を終えると自動でInputBoxが開く
    6. Boxに選択した領域の座標数値が入っているのでコピペ
  • 仕様
    • 出力される数値は自動的にsurfaces.txt用に自動変換されています(左上→右下へと矩形選択した時のデータに並べ替え)







  
添付ファイル