※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無題』の続編。隊長が過去を回想する話 みたいな

A:主人公的な何か。しかし今回は脇役。二十代。
B:隊長。鬼畜。アラウンド還暦と言い張っている。
C:若き日の隊長。この時点では副隊長。きっとイケメン、あるいはチョイワルオヤジ。鬼畜度低め。三十路↑?
D:女性。副隊長の部下。あるいは隊長の元部下。あるいは、恋人かも。二十代。

C1「……ん……んぅ……ん……?」
D1「あ……お目覚めですか、副隊長」
C2「ん……眠…………今、何時……?」
D2「朝の5時です。……もうじき、夜明けですよ」
C3「わかった……ふぁあ……あと10秒で起きるから、待ってて……」
D3「……はい」
C4「……んっ、と。ふぅ……オハヨ。どう? 夕べはよく眠れた?」
D4「はい。……その、おかげさま、で」
C5「そっか、ならいいや。こっちも抱きまくら冥利につきるってもんだね」
D5「あ、いや、その……す、すいません、副隊長。こんな、あの、わ、私の、せいで……」
C6「いいっていいって。部下のメンタルケアも、上司の勤めだからさ」
D6「……ホントに、すいません」
C7「謝らなくていいから。ね。僕の方も、寝心地よかったし。いいよねぇ……若い子の、ヤワハダって」
D7「あ、……あぅ」
C8「あっはっは、顔真っ赤だよ? ……さぁっ、て、と。オシゴトまでちょっと時間あるし、コーヒーでも入
れるよ」
D8「は、はい。すいません、副隊長……」
C9「……謝ってばっかりだねえ。キミ。さっきから言ってるでしょ? 謝らなくていい、って。僕もさ、そーゆ
ー仲の相手を許さないほど、厳しいつもりはないよ」
D9「……はい……」
C10「まあ、そーゆートコロが、キミの可愛いところでもあるんだけどさ」
D10「か、可愛いなんて、そんな」
C11「可愛いよ。キミは。……とってもね」
D11「……あ、ありがとう、ございます。副隊長……」
C12「(小声で)……いやあ、いいねえ……朝から若い子とピロートーク……」

D12「……あの、副隊長」
C13「ん? どうしたの?」
D13「…………副隊長は、吸血鬼やゾンビについて、どう思いますか?」
C14「……また、ずいぶんと唐突だね」
D14「すいません……でも、昨日、少し考えたんです」
C15「……何を?」
D15「何故……彼等は、蘇るのか、と」
C16「……へえ。面白いじゃない。キミが自分からそんなコトを考えるなんて」
D16「……おかしい……ですよね、やっぱり。……蘇った家族を手に掛けた私が、そんな事を考えるのは……」
C17「だからこそ、考えたんじゃない? まあいいよ。興味、あるし。それで、わかったの? どうして、彼等が
蘇るのか」
D17「……逢いたかった」
C18「え?」
D18「逢いたかったんだと、思います。死んでも、誰かに、逢いたかった……」
C19「アレに生きてた時の自我はないよ? 知ってるでしょ? ただ食う事しか脳がないんだから」
D19「それはわかっています。……でも、だからこそ、思うんです。ゾンビも、吸血鬼も、誰かに逢いたくて、蘇
ったんじゃないか、って」
C20「……ふぅん」
D20「…………あの瞬間は、ただ目の前の危機から脱する事に……父や母を楽にしてあげる事に、精一杯で……今
になって、やっと思い当たったんです。あの時、両親がどんな気持ちで、ドロドロに腐った両手を差し出してき
たのか」
C21「うん。続けて」
D21「……耳を、塞ごうとしてくれたんです」
C22「……耳?」
D22「はい。……副隊長は、夢の中の騒音で、目が覚めた事はありますか?」
C23「夢の中? ……いいや? そもそも夢を見る事がないな、あんまり」
D23「私、よくあったんです。夢の中で、身体は全然動かなくて……わけのわからない騒音が、頭の中で響いて…
…それで、無理矢理、目を覚ますんです」
C24「うん」
D24「……そうやって悪夢に飛び起きた時、両親は私の耳を塞いでくれたんです。夢の中でも耳を塞いであげるか
ら、大丈夫って。……そうすると、自然に眠れるんです」
C25「おまじないってヤツだね」
D25「はい。……きっと、あの時の私は、悪夢にうなされた子どもみたいな顔をしていたんでしょう。だから、…
…両親は、私の耳を塞いでくれようとしたんです。……たとえ、あんな手になっていたとしても」
C26「……」
D26「……副隊長。副隊長は、どうしますか?」
C27「…………何?」
D27「もし、自分の大切な人が、……ゾンビや、吸血鬼になったら」
C28「殺すよ」
D28「…………そう、ですか」
C29「うん。殺す。徹底的に。誰であっても。何であっても。……殺さなきゃ、こっちが死ぬし」
D29「…………副、隊長」
C30「何?」
D30「やっぱり、ワガママ……ですよね、私」
C31「……何が、だい?」

D31「私は……血まみれになっても……貴方ニ抱カレタイ……」
(急に声色が変わる。まるで、ゾンビを思わせるような声色に)

C32「なッ!?」

D32「副隊長……私ハ、ズット、貴方ノ事ガ……好キデシタ……」
C33「違……なんで、キミは、……そんな、バケモノ、なんかじゃ……!」
D33「副隊長……ダイスキ……アハハハハハハハッ!!!」
C34「……ッ、この、……バケモノめえええッ!!」

(響き渡る銃声)

B1「ッ!?」
A1「……どうしましたか? 隊長」
B2「……いや、なんでもないよ。気にしないで」
A2「……はい。わかり、ました……?」

B3「…………ふう。まったく、バカだったなあ。……知り合いの顔をしてても、ゾンビはゾンビだっていうのに
さあ。……全く、本当に、バカだよ。僕も、……あの子も」