※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

架空世界との愛を論ず


磯部:オタク。
藤澤:オタク。
岩井:オタク。


磯01「春が訪れた。季節にも、世間にも、――誰かの頭の中にも。
   いつものように、学校の教室で俺達が雑談している時のコト。
   藤澤は神妙な顔つきで、まるで哲学者のように厳かな声で言い出した」

藤01「二次元キャラとセックスするには、どうすればいいと思う?」

磯02「彼はとてもマジメで、冗談とは思えない雰囲気だった。
   だから俺こと磯辺は、岩井と顔を見合わせて口を開いたんだ」

磯03「前々から危ない奴だと思ってたけど、ついに電波が脳にまで……」
岩01「しっ、見ちゃイケマセン。目が合ったら何か受信しちゃいますよッ」
藤02「いいからこっちを向いて話そうな?」
岩02「えー。じゃあ率直に訊くけど、脳外科と心療内科、どっちがいいデスカ」
藤03「人を病気のように扱うんじゃない」
磯04「いや、これはどう考えても病気だろ……親が聞いたら泣くぞ」
藤04「あの程度で泣くほど、うちの親は貧弱な精神の持ち主じゃないさ」
岩03「キャー。つ、つまりこやつ、一家揃ってアブノーマルですってカー!?」
磯05「優性遺伝を覆すDNAの神秘だな。遺伝子的にクズ揃いかお前の一族は」
藤05「ナチュラルにご先祖様まで罵倒するのはやめような?
   そもそも俺はオタクの妄想ではなく、社会的な見地からこの話をしている」
岩04「シャーカーイーテーキー? 何それ何それ、新しいギャーグー?
   小難しい言い回しすれば許されるとか思ってんじゃねーぞー、このゲス野郎!」
藤06「……ネットで仕入れた知識だがな。
   アメリカのゲイには――あまりにモテないからこそ、ゲイになった者がいるらしい」
岩05「な、なんだって!?」
藤07「少数派かもしれないが、無視できるほどの数でもないだろう。
   ならばいつの日か、日本もそうなる可能性があるんじゃないのか」
岩06「む、むぅ……しかし何故、そこで先ほどの電波発言が飛び出すのか理解不能。
   単にお前が二次元に逃避する正当性を得たくて、適当ほざいてんじゃね?」
藤08「そう思うならそう思え。
   だが気付いた時には、電車でお前の隣にゲイのいる世界が訪れている筈だ」
岩07「それがナーニー? べっつに怖くもなんともありまっせーん」
藤09「――他人ではなく。恋人として、だ」
岩08「うひゃあぅ!? お、俺、そんなルート進んだりしないヨ!」
藤10「今でもあまりにモテないお前だぞ? 果たしてそうならないと断言できるのか。
   いや、そも筋金入りのオタクであるお前だ、ゲイの要素なぞ既に満たしている。
   ガチムチはともかく、二次元ショタに萌えた経験ぐらいあるだろう?」
岩09「ヤメテヤメテヤメテ……! イタイ、頭イタイノ……!
   そっちのセカイの扉開かないデ……!
   ボクチャン、そんなガンダーラいらないヨ!!」
磯06「落ち着くんだ岩井。それで、どうして二次元セックスの話に繋がるんだ?」
藤11「さすが磯部だな、よくぞ冷静でいてくれた。
   そして二次元セックスの件だが、考えてもみるがいい。
   どんなに科学が進歩しようとも、それは俺達に夢のない現実を突きつけるだけだ。
   いつまで待ったところで、マルチもセリオも現実にはならないとな!」
磯07「分かり切った話じゃないか。何を今更」
藤12「そうとも今更だ。しかし非モテ童貞の中には、そんな夢を信じて待つ者がいる。
   それ故に三次元女から必死で目を逸らし、空想や妄想に溺れるのだ。
   言うなれば――モテぬからこそゲイへと走る者の予備軍だ」
磯08「論理の飛躍じゃないのか?
   そうまでして二次元に萌える奴が、ゲイに走るとは思えない」
藤13「甘い、胸焼けするほどに甘ったれた楽観だ、それは。
   二次元萌えオタであるが故に、彼らはショタ萌えという禁忌を内包する。
   そんなものに興味はないと言い張る者は、まだショタを知らぬだけの愚か者だ。
   現に――そう、現にこの俺も、つい先日ショタ萌えに目覚めてしまった」
磯09「藤澤、それは茨の道だ。抜けたところで先のない、破滅の道だ。
   男が男に萌えるなど、本来ならばあっていい事ではない。
   お前が今歩もうとしている道は、人間という種の本能に逆らう十三階段だ」
藤14「そうとも、分かっている。正しく理解しているつもりだとも。
   そしてショタとはいえ男に萌えてしまうのは、女の良さを知らないからだ。
   女の良さを知れば、ショタ萌えなどという迷いは消し飛ぶ筈だ」
磯10「しかし現実には、女を知るにはまずモテる必要が……」
藤15「そうだ。だからこそ、だからこその二次元セックスなのだ。それしかないのだ。
   三次元女が相手をしてくれないのであれば、二次元に目を向けるしかない。
   残された欲望の向かう先は、最早それのみだ。
   二次元セックスさえ確立すれば、ゲイに走る男も減るだろう」
磯11「なるほど、話は分かった。だがどうやって?
   次元という厚過ぎる壁を越える方法は?」
藤16「問題はそれだ……妄想したところで所詮は妄想、虚しいだけだ。
   脳内で繰り広げられる快楽は、悲しいほどに肉欲を満たさない。
   どんな二次元美少女を思い描こうと、イチモツに触れるのが己の右手ではな」
磯12「まさに永遠の命題だな。妄想でしか触れ得ぬが、妄想であるが故の空虚さ。
   それを解決しない事には、ゲイへの扉が開かれたままというわけか」
藤17「そうだ――岩井、お前はどう思う?
   既にしてショタ萌えを知るお前には、無縁の問題ではないだろう」
岩10「え? あー、うん。
   お前らってか、藤澤ってバカじゃねーの?」
藤18「そうだな、確かにバカだ。
   しかしそれもこれも、非モテという覆せないレッテルが――」
岩11「いや、そうじゃなくてさ。
   非モテ非モテって言っても、そこの磯部大先生にゃかわいい彼女がいるんだぜ?」
藤19「…………磯部?」
磯13「藤澤、岩井。俺はお前達がゲイにならないよう、祈っておくよ」
藤20「裏切りだ! これは裏切りだぞ磯部!?」
磯14「え、何が? つーかゲイとかショタ萌えとか二次元セックスとか、何ほざいてますか?
   うわっ、キモチワルーイ。同類に見られるのイヤだし、そういう話しないでよね」
藤21「こ、殺す! キィーぶっ殺す!!」
岩12「ギャー!? 落ち着け藤沢ー!!」


唐突に終わる。