神無

作者:蟻 ◆vA0bquCiP2


卯の花咲く頃 空は白く 風は清かに
黒髪の君を映していた
天の水も枯れる頃 空は黒く 風は猛り
白い日々を流していく
文に言の葉 長く細い時を経て
また僕らは戻ってくる
数え切れない時を経て
天に神無しここに在り