※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

姫を取り戻せ!

A:民衆曰く聖女 ♀ 強さはチート 金に目がない。孤児院経営。根は優しい。
B:民衆曰く勇者 ♂ 強さはチート 一生NEET出来る環境を作るため、日々奔走。目指せ五億(前回の報酬だと若干足りなかったらしい)
C:民衆曰く被害者 ♂ 強さはry 唯一真人間と言える。故に被害者。今回も限りなく空気
D:民衆曰く眼鏡 ♂ 強さはry 変態。とにかく変態。でも頭良いし強いから仕方ない。
E:王様 親ばか。無能。しかも弱い。Lv30くらい? 権力を振り翳す。
F:姫 箱入り娘。世間知らず。親と違って馬鹿ではない。別の方向に馬鹿
∞:兵士 所謂ガヤ
G:魔物 姫様を攫ってしまったばかりにチーターの餌食に……前回のキモイ魔物よりは強く人っぽい。格好いい?

BGM:∞(ガヤ)

E01「おお、良く来てくれた!」
B01「強制的に連行した癖に白々しい」
A01「おやつ作ってる最中だったのに……まぁあの子に任せてきたから大丈夫だとは思うけど」
D01「人の研究の邪魔をするとは。王と言えど許せることではありませんね」
C01「僕は何も見てない僕は何も見てない僕は何も見てない……」
A02「なんか、トラウマ発生してる人が居るんだけど」B02「無視しとけ。それか眠らせとけ」A03「そうね。おやすみ~」
C02「僕は何も見てない僕はなに、も……」
E02「……ごほん。今日君たちを呼び出したのは他でもない……私の……私の愛しい娘が攫われたのだ!!」
A04B03「……はぁ」
D02「下らない……どうせ沢山居る内の一人でしょうが」
E03「確かに私には娘が沢山居る……だが、だが、どれも皆愛おしいのだ!」
B04「そんなことで呼び出されてもなぁ……思いっきり私事じゃねぇか」
A05「まぁ気持ちはわからないでもないけど、私達を呼び出すほどの事じゃないわね」
D03「我々の意見は理解頂けましたか?」
E04「な、なんだ! 私は王だぞ! 貴様らは私の命令に従えば良いんだ!」
B05「ボソ(いつか滅ぶぞこの国……」
A06「ボソ(昔は賢王とまで言われたのにね」
D04「ボソ(権力を長く持ちすぎましたね……そろそろ死んだ方が良いんじゃないでしょうか?」
E05「そこ! ボソボソ喋るんじゃない! ごほん……まぁ、そういうことで行ってくれ」

B06「さぁて、また雑魚共を蹴散らし、道中の村では一般人の家に侵入し物を奪ったりしながら、ちょっと遠い古びた城にきましたよ、と。めんどくせぇ……」
C03「誰に説明してるんですか?」
B07「気にすんな」
A07「それにしてもでかい城ね……お姫様はここにいるのかしら?」
D05「さぁ? 別の場所に連れ去られてるのかもしれませんけどね。それは我々の所為ではありませんし、調査隊に頑張ってもらいましょう」
B08「給料分は働けってな……劣悪な環境らしいが、しらね。俺はNEETする為に働いている。他人に恵む金なぞ無い」
A08「あんたの事は嫌いだけど、その心構えは好きよ」
B09「あーそうかい。とりあえず行くぞー。ちゃっちゃと終わらせてさっさと帰ろうぜ」
C04「ボソ(なんか皆さんやる気がありませんけど、僕が落ちたあと何かあったんですか?」
D06「ボソ(君は知らなくてもいいんですよ?」
C05「はぁ……」


SE:足音(×4)か場面転換

B10「さて、俺達の存在に気付いてないのか、敵に一回も出会うことなく王の間に到達しましたよ、と」
C06「だから、誰に説明してるんですか?」
B11「気にすんなっつたろ」
C07「はぁ……」
A09「空気がピリピリしてるわね……」
D07「この前倒した魔王より強いのは確かなようですね……面白い」
A10「扉を開けた瞬間攻撃してくるとかしないかしら?」
B12「してきたら面白いけどな」
D08「効くかどうかは別ですけどねぇ」
C08「とりあえず、入りましょうよ」

SE:扉の開く音(ガガガの方

F01「ご飯はまだなの!? お腹空いた!」
G01「は、はい! もう少し待ってください! もうすぐ、もうすぐ出来ますから!」
F02「早くしてよのろま!」

A11「……なんか魔物が使いっ走りにされてたような。疲れてるのかしら?」
B13「いや、お前は大丈夫だ。俺にも見えた」
D09「怖い物知らずと言うのか……なかなかに面白い光景ではありましたけど」
C09「なんていうか、その……コメントに困りますね。アレは」

G02「で、できましたよ!」
F03「遅い! しかも熱い! わたくしは猫舌だからちゃんと冷ましてって言ったでしょ!?」
G03「ご、ごめんなさい……」

A12「やっぱり私疲れてる気がする……」
B14「いやいや、大丈夫だって」
C10「アレは放置して帰った方が、みんなが幸せなような気がします……」
D10「さりげなく魔物の方も喜んでますしね。王には悪いですが姫は死体ごと消えたと言うことで……」F04「あ!」

A13B15C11D11「あ……」

G04「あああああ!! ゆ、ゆゆゆ、勇者だな! 姫は渡さなF05「助けに来るのが遅いのよ! 愚図ども!」G05……あう」

B16「なぁあれ本当に魔物なのかなぁ? この山支配できるLVの魔物とは思えないんだが……」
A14「さ、さぁ……?」
C12「とりあえず気付かれちゃいましたし、とんずらする事は出来なくなっちゃいましたね」
D12「面倒ですが……やりますか」
B17「仕方ないか……一瞬で決めるぞ~。フォーメーションD!」

A15B18C13D13「必殺……四神の怒り!」

G06「う、うわああああああ!!」

D14「弱すぎる……」C14「お話になりませんね」
B19「なぁ、これって俺らが来る必要あったのかなぁ? 近衛兵団とかでやれた気が……」A16「念には念を入れたかったのよ……きっと。そう思わないとやるせないわ」

G07「ど、どうして僕がこんな目に……」
B20「あれ? 生きてる? おっかしぃなぁ……属性選択ミスったか」
D15「理論上アレに属性は存在しませんよ。通常攻撃扱いの筈です」
C15「なんの話ですか……」
A17「気にしたら負けよ」
G08「痛い痛い痛いいい!!」
F06「寄らないで、汚(けが)れるわ!」
G09「そ、ん、な……」
A18「あ、死んだ」
B21「アレ耐えきって姫の言葉で死ぬって……溝(どぶ)に捨てられるプライドが傷つくなぁ」
C16「それって傷ついてないんじゃ……」
D16「一応は傷つきますよ。まぁ一瞬で再生する傷ですが」
C17「それって傷ついたって言わない気が……もうどうでもいいです」
D17「正しい選択ですね。さて、魔物も討伐しましたし戻りましょうか」
A19「ねぇ……すごく忘れたい事だけど、姫って誰が運ぶの?」B22「俺は嫌だぞ」D18「私も勘弁です。肉体労働は得意ではないので」
C18「ぼ、僕ですか!?」
A20「頑張れ」B23「頑張れよ」D18「頑張ってください」
C19「酷い……ひ、姫様。ぼF07「嫌よ。貴方は嫌。勇者さまに運んでもらいたいなぁ?」C20「……orzもういやだ」
B24「ご指名とあらばめんどくせぇが仕方ない。さ、姫様、どんな運び方をしてもらいたいですか? だっこ? おんぶ? 投てき?」
F08「と、投てきってなんですの!?」
B25「投てきっつたら投てきしかないですけど」
F09「返答になってない気がしますわ……まぁ、それはともかくとして、あの、お、お姫様だっこと言うのをお願いできます?」
A21「うわぁ……ボソ(お姫様がお姫様だっこだって」
D19「ボソ(滑稽ですね」
F10「そこ! 五月蠅いですわよ。お願いできます?」
B26「まぁ、別に良いですけど。失礼……よっとF11「きゃぁ! い、いきなり」B27「あーはいはい走るんで喋ってると舌噛みますよ~」
F12「え、ちょっとまっいふぁい!」B28「だから注意したのに」F13「はふひははんひはへまふわ(悪意が感じられますわ」B29「あーあー聞こえない聞こえない」

A22「走るの速いわね~」
D20「転移魔法を使えば一瞬ですけどね……まぁ出口で待っていますか」
A23「そうね。ほら行くわよ」
C21「orz……どうせ、どうせ」
A24「もう、眠って忘れなさい」

SE:場面転換

A25「全力疾走ご苦労様」
B30「そういや転移魔法使えるの忘れてたな……」
D21「流石脳筋ですねw ……まぁそんな事実はどうでもよく、軟弱なお姫さまは大丈夫ですか? 目回してますよ」
B31「あー……久々に走ったから天井走りとかしちまったからなぁ。まぁいいんじゃね。つか、さりげなく人を貶すな。何が事実だ何が」
D22「事実でしょう?」
B32「お前は……まぁいい。もどるか」
A26「本日3回目の転移魔法……地味に疲れるんだからね」
D22「私がやりましょうか? うろ覚えですけど」
A27「それで変なところに飛ばされるのとか嫌よ……「いわのなかにいる」とか「かべのなかにいる」とか嫌だから私がやるわ」
D23「ではお願いします」

SE:場面転換
BGM:ガヤ

E06「おお! 帰ってきたか、して! 娘は! 娘は無事か!」
D24「無事ですよ。至って健康です。ですが……」
E07「ですが、なんだ!? なにかあったのか!?」
A28「まぁ、見ればわかると思うわ」
F14「ねぇ。わたくしの騎士になりません? 衣食住は完璧に保証。わたくしと一緒にいるだけでお金が手に入るんですのよ?」
B33「ならん。面倒だ。俺はNEETでいい」
F15「どうして? 大抵の愚民は釣られるのに……」
B34「どうしても。というか、そういう事を言ってる間は俺は仕官しません。というか、俺はNEET志望なんで、仕官とか興味ない」
F16「そうですの……いいですわ。いつか、いつか絶対貴方を振り向かせて見せます! その為にまずはボソボソ」
B35「どうがんばっても無理だと思うがな……がんばれー」
F17「ええ!」

E07「おお……なんということだ。私の私の可愛い娘が、あんな男にくびったけとは……」
A29「ボソ(偶に王様って古くさい言葉使うわよね」
D25「ボソ(間違ってはいませんけどね」
E08「ボソボソ喋るなと言っただろう! ああ、嘆かわしい……いっそ処けF18「お父様でも邪魔するのは許しませんわよ! もし、邪魔したら一生口ききませんからね!」
E09「そんな……orz」
A30「ショックよねぇ……まぁそれは兎も角報酬」
D26「報酬」
B36「報酬」
E10「あーあーきこえないー」
F19「ふん!」SE:蹴る音
E11「ああ、娘が反抗期だよ母さん……」
F20「お母様に縋らないでください! みっともない。こほん。勇者さま方の報酬はこちらに」
A31「ねぇなんかあんたの分多くない?」
B37「気のせいだろ…………」
D27「愛の分だけ増量されてるのかもしれませんね?」
F21「ふふふ。この短期間にそこまでできませんわ。皆様同じ量ですわよ」
A32「あら、そう。ならいいんだけど……」
B38「もらう物もらったし、さっさと帰るぞ」
D28「ですね……ほら行きますよ」

SE:場面転換

A33「じゃあね! せいぜいお姫様に貢いでもらいなさい」
B39「俺はヒモ志望じゃない。自活できるNEET志望だ」
D29「それはNEETでは無いのでは……まぁどうでもいいですね。では」SE:転送音
B40「もう二度と会わないように願ってる……今度こそ本当に……でも二度あることは三度あるって言うしなぁ。はぁ……」






SE:場面転換
SE:ドアを開ける音

B41「たっだいまーつっても誰もいなF22「おかえりなさいませ。お風呂にしますか? ご飯にしますか? それとも……」
B42「……俺はこんな終わり方認めないぞー!!」