※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

120クール突破



作者:RH

【120クール突破】


 ――昔、あるところに魔法少女がいた。
 とんでもなくファンタジーな存在だが、いたんだから仕方ない。
 彼女は悪い魔法使い達と戦い、いつも平和を守ってくれていた。
 ただし彼女にも生活があるので、平和を守る地域は東馬込だけだった。
 ま、ここまではいい。よくあるファンタジーな話さ。
 問題は明確な敵が存在せず、彼女がいつまでも戦い続けているという事だ。
 いつしか少女から女性へ……そして、おばさんになっちまった。
 おぞましい事に、当時のセンスが炸裂した悪趣味な衣装のままで、だ。
 想像してみるといい。
 中年太りしたおばさんが、ピンクでひらひらな服を着て戦ってる姿を。
 そんな奴の相手をしなければならない、悪い魔法使いには心底同情する。
 ……だが、一番同情してもらいたいのは俺だ。
 どうしてうちの母親は、あの歳で魔法少女をやっているのだろう……。
 誰でもいい。魔王でもなんでも引っ張り出して、あれをどうにかしてくれ……。