※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それぞれの幸せ


製作者:灰色猫 ◆qlXLgcE0Js


【それぞれの幸せ】

猫が歩いてゆく。
真っ直ぐな道をどこまでも。

向こうから、手綱に繋がれた犬が歩いてくる。
キミは幸せ?
もちろんさ。優しいご主人様に、美味しいご飯やあったかい寝床。僕はとても幸せだよ。
犬は通り過ぎていった。

目の前を、ひらひらと蝶が舞っている。
キミは幸せ?
もちろんさ。いい陽気だしね、飛ぶのに疲れたら風に乗るんだ。僕はとても幸せだよ。
蝶は風に流されていった。

頭の上、ずっと高いところを鳥が飛んでいる。
キミは幸せ?
もちろんさ。僕はこの翼で、どこへでも好きなところへ飛んでいくんだ。僕はとても幸せだよ。
鳥はすぐに見えなくなった。

猫は歩いてゆく。
真っ直ぐな道を、どこへ行くでもなく。

キミは幸せ?
突然声が降ってくる。
顔を上げると、人間が一人こちらを見下ろしていた。

猫は驚いた。そして考えた。
自分の幸せについて。
犬も、蝶も、鳥も。
自分の幸せを持っていた。

ついていってもいいですか?
人間は笑って猫を抱き上げる。
猫は幸せを手に入れた。

好きなときに散歩して、好きなときにぽかぽか窓辺で昼寝。そして好きなときに可愛がってもらうんだ。
こんな幸せ、きっと僕だけだね。

人間が言った。そんな幸せなキミと暮らせる僕も幸せだよ?

【あとがき】人間のそれってもしかしてライクじゃなくてラブ・・・