※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『MUSAI be ambitious.』

  • 天帝…女帝、母上
  • 女神…女帝の娘、美の女神


 その昔、天界にて、戦ありにけり。
 神はおとされ、天の椅子には戦の神が。
 天使は、帝を守りし屈強なり兵士へ、戦士へと変じる。
 「天界大戦」と呼ばれる、古の戦なり。

 さて、戦神の娘は美の女神、まだ幼児(おさなご)であった。


天帝「さて天女よ、我が娘よ。お前もそろそろ年頃。
   戦の神の血をひくなれば、
   たとえ女子(じょし)なりとも、
   武を嗜んでもらわねばならぬ。」

女神「わかりました。
   母上の名に恥じぬよう、武に励みます。」

天帝「貴様の護衛に、天使を一人つけよう。
   我が傍近くに仕える聖騎士の中から、
   どれでも、お前が選ぶが良い」

女神「どなたでもよろしいのですか?」

天帝「ああ。一番槍の将でも、地学の将でも」

女神「ならば私、いつも母上の右につかれている殿方を
   召し上げたく存じます。
   いつもボロボロの戦装束を着こなしていらっしゃる方」

天帝「あれか? …あれか…」


天帝「美の女神よ。他の者ではいけないか。
   どのものも、武に長け、美しい者であるぞ」

女神「いいえ、私はあれが良いのです」

天帝「良いのか、奴は…醜いぞ。
   いや醜いは言いすぎやもしれぬが、
   見かけも中身も筋骨無骨(きんこつぶこつ)で…。
   美の最たる存在である貴様が率いるに足る者とは思えぬ」

女神「なればこそ…頂(いただき)から見下ろせば、
   美醜など どれも皆同じにございます。」

天帝「ううむ…」

女神「もちろん母上は別です」

天帝「世辞はいい。お前ほどの美しい娘は他に知らぬ。
   親としての欲目も入ってあろうがな」


天帝「よろしい、貴様が望むならば…
   この天帝の名において、彼の者をお前に与えよう」