幻世牌遊記 台詞

アターホー
リンシャン
 
あっ、ここにいたのね…。



お…おヌシはリンシャン。



 
 
アターホー…
あなたをずっと探してたのよ。


 
今日こそ、わたしにつき合ってもらうわ!



そ…それはじゃの…
あの
そんな話、突然言われてもな…。

 
 
もう じれったいわね。



 
よし、わかったわ。
それじゃ、こういうのはどう?


な…なんじゃの?



 
 
わたしが勝ったら、
あなたがわたしにつき合うの。


 
それで、あなたが勝ったら、
わたしがあなたにつき合うの。


そ…それじゃ
全然変わらん気がするんじゃがのう…。



 
 
わかったわね。
それじゃ、勝負よ!


アターホー
ファーリン
おや、ファーリンどのじゃないか。
おヌシも参加しておったんかのう。


 
  いえわたしは、あまりにもこちらがにぎわっていたので
なんとなく寄ってみたら、
いつのまにか参加する事になってしまって…。

ワシも似た様なもんじゃわい。



 
大会が開かれるというから腕試しに…
と思って出場してみたら、何とゲーム大会だったじゃないか。
今さら参加を辞退してもメイワクがかかるだけだしのう…。

 
  そうですね。
みなさんにご迷惑をおかけするわけには…。


それじゃ、そろそろ始めるとするかのう。



 
アターホー
ペトゥム
  おや、アターホーさんじゃありませんか。
どうです? 今度また一緒に飲みませんか?


いや、やめておこう。
おヌシと飲むとロクな目に会わんからのう。


 
  いやですねぇ。
この前の事、まだ怒ってるんですか?


あたりまえじゃい。



 
あれだけ飲んでおいて、
自分は「用事を忘れた」といって帰りおって…。


 
おヌシのおごりのはずが、
結局ワシが全部払う事になったのじゃからのう。


 
  まあ、そう怒らないで。



  あまり怒ると頭の欠陥…
もとい血管が切れちゃいますよ?
もう無理のできる年じゃないんでしょうし…。

見た目よりも歳を取ってるおヌシに言われたくないわい!!



 
アターホー
スマッシュ
  よう、おっさん。
こんな所で会うなんて奇遇だな。
いったいどうしたんだい?

大会があるっていうんで参加したら、
武闘大会でも大酒飲み大会でもなくて、
ゲーム大会だったとはのう。

 
  な~んだ。
てっきりおっさんもオレとおんなじで、
大会に優勝して有名になって、
かわいいギャルをゲットしに来たのかと思っちまったぜ。
頼むからおヌシと同じレベルで考えないでほしいぞい。



 
  悪いけど、このオレの計画のために、
おっさんにはここで負けてもらうぜ。


アターホー
ユリワカマル
おや、おヌシは!



 
 
お前さんとはどこかで会ったことがあったかな?



わしだよ、アターホーだよ。



 
ほら、あの時の…



 
あの時の



 
あの



 
………………………………



 
え~と。



 
そうそう



 
なんじゃったかのう。



 
あれれ。



 
う~む、さっぱり思い出せん!!



 
 
何なんだ、お前は!



アターホー
リンシャン(エンディング)
 
負けたわ…約束どおり、
わたしがあなたにつき合うわ。


ま…まて、リンシャン。
おヌシには、
まだ早すぎると思うのじゃが…。


 
 
そんな事ないわよ。
わたしだってもう立派な大人よ。


そ…それはそうじゃが…。



 
 
アターホーほどは飲めないけど、
つき合う程度なら大丈夫よ。


飲める…?
いったい何の話なのかのう?


 
 
何って…。
今日は一緒にお酒を飲んであげるって話を
しているんじゃない。

なんと、酒の話だったのか。
なんだ、そうかそうか。


 
 
ん? アターホー。
いったい何の話だと思ったの?


そ…それはじゃな…
何でもないんだ、忘れてくれ!


 
 
なに? 何とカンチガイしていたの?
教えてよ、アターホー!


アターホー
眉犬(真エンド)
なんとっ、おヌシの正体は眉犬だったのか!
じゃが、なにゆえワシに対戦を挑んできたのかのう…。


 
 
クゥ~ン…。



フム。何を言っているのかわからんが、
とにかくこのワシに挑戦したのは、ちと無謀だったようじゃな。


 
リンシャン
ファーリン
 
こんにちは。



こ…こんにちは。



 
あなた、ひょっとしてファーリンさん?



 
 
そうですけど、どうしてわたしの名前をご存知なのです?



なるほど、アターホーが言っていた通りの人ね。
ひとめ見ただけで、そうだとわかったわ。


 
 
まあ、アターホーさんのお知り合いの方ですか。



言っときますけどアターホーはわたしのものだから、
手を出したりしたら承知しないわよ!


 
あなたには、スマッシュがお似合いよ!



 
 
なっ…なんですって!
よりにもよって、スマッシュさんだなんて…。


 
物事には、言って良いことと悪いことがありますわ!!



リンシャン
ペトゥム
 
はじめまして。
あなたがリンシャンさんですね?


あ…あなたは…?



 
 
あっ、これは申し遅れました。
私はアターホーの友人の
ペトゥムという者です。

 
あなたの事は彼からよく聞いていますよ。



それで、アターホーは
わたしの事でなんか言ってた?


 
 
特に何も言っていませんでしたが、
とても気にかけている様子でしたよ。


そう、ありがとう。
それじゃ、また。


 
 
おや、もう行かれてしまうのです?
せっかちな人ですねぇ。


 
一回くらいつき合ってくださいよ。



リンシャン
スマッシュ
 
よう、リンシャン。
久しぶりだな。


あらスマッシュじゃない、偶然ね。
あいかわらず女の子のお尻を追いかけてるの?


 
 
ヒデェ言われようだな。



おおかた、この大会に出たのも、
出場する女の子が目当てだったんじゃないの?


 
 
ちっちっち。
そいつは違うぜ。
いいか、よく聞けよ。

 
オレがこの大会へ参加した真の目的はだな、
優勝して有名になって
ギャルにモテモテになる事であって、

 
女の子のお尻を追いかけるために
参加してるんじゃねぇんだ!!


どっちも変わらないわよ、バカ。



 
 
なにぃ~!!



リンシャン
ユリワカマル
 
そこの女、ちょっと待て!
お前さん、もしかしたらリンシャンだろう?


誰、あなた?
人の名前を勝手に呼んで…。


 
 
お前さん、最近ちょっと人気が出てるみたいだな。



あなたはひょっとしたら…



 
派手好きな遊び人なのに最近カゲのうすい
ユリワカマルでしょ。


 
 
う…うるさい。
人が気にしてる事を…。


リンシャン
アターホー(エンディング)
約束どおり、わたしにつきあってね。
アターホー。


 
 
うむ。少し早い気もするが、
約束じゃからのう


ちっとも早くなんかないわよ。
それに…


 
アターホーが一緒にいれば、
どんな困難でも
乗り越えられそうな気がするしね。

 
 
そう言われると、ちょっと照れるのう。



 
仕方がない。ワシもこれを機会に、
そろそろ腰をすえるカクゴをするかの。


腰をすえるって、何の話よ、アターホー。
ひょっとして、わたしと武者修行に出るのが
そんなにイヤなの?

 
 
む…武者修行?!
なんだ、武者修行に
つき合えって事だったのか…。

 
ワシは、またてっきり…



てっきり、何?



 
 
そ…それはじゃな…
何でもないんだ、忘れてくれい!


てっきり何よ?
何とカンチガイしてたの?


 
 
ほ…ほら、武者修行の度に出発するぞい!



あっ…待ってよ、アターホー!



 
リンシャン
眉犬(真エンド)
あんたは眉犬だったのね!



 
このわたしに挑戦しようだなんて、10年早いわよ。
また修行を積んでから出直しなさい!


 
 
キュ~ン…。



ファーリン
ペトゥム
あら、ペトゥムさん、
こんにちは。


 
 
やあ、どうも。



………………………。



 
 
………………………。



これで最後の試合なんですよね?



 
 
どうやらそのようですね。



………………………。



 
 
………………………。



勝ったら優勝ですね。



 
 
ゆぅ あぁ ちゃんぴおん
というやつですね。


………………………。



 
 
………………………。



そろそろ始めましょうか。



 
 
そうですね、時間がもったいないですから。



ファーリン
スマッシュ
 
ファーリンちゃんじゃないか。
会いたかったよぉ。


あら、スマッシュさん。
わたしもスマッシュさんに会いたかったですわ。


 
 
ううっ…。
ファーリンちゃん、ひょっとして
そこまでオレの事を想っていてくれたのかい?

もちろんですよ、スマッシュさん。
以前お貸ししたお金2000G、
返していただきたいんですもの。

 
 
そ…そういえば、そんなこともあったっけ…。



ありましたわよ。
それにもう期限は過ぎているのですよ。


 
 
すまない、ファーリンちゃん!
今、手持ちがないんだ!!


 
もう少し…もう少しだけ待ってくれ!!



どうしましょうか…。



 
そうですね、私と勝負して勝ったら、
もう少し待ってあげますわ。


 
 
さっすがファーリンちゃん。
話がわかるぜ!!


ファーリン
ユリワカマル
こんにちは。



 
 
ファーリンじゃないか。
久しぶりだな。


ユリワカマルさんの方こそ
お変わりない様ですね。
お城の生活はどうですか?

 
 
いや、実はあの後な…



 
兄上も帰ってきた事だし、
また城を抜け出したんだ。


 
いや、本当の事を言うと、
城での生活と女物の着物が
キュークツだったからなんだけどな。

まぁ、そうだったんですか。
でも、少し残念です。


 
 
な…何がだ?



一度でいいから、
ユリワカマルさんの着物姿が見てみたかったわ。


 
 
お…おい、
ジョーダンはやめてくれよ。
おれはあんな物着るなんて、二度とゴメンだぜ。

ファーリン
ペトゥム(エンディング)
ところでわたしたちは、なぜこのような事
していたんでしょうか


 
 
さぁ、わかりません。
いったいなぜでしょうね


………………………。



 
 
………………………。



そうそう、ペトゥムさん。
先日、おいしいお茶が手に入ったんです。
一緒にどうですか?

 
 
そうですね。
お言葉に甘えて、ご一緒しちゃおうかな。


 
それでは私は、
おいしいお茶菓子でも持ってきましょう。


わかりましたわ。
それではお待ちしています。


 
ファーリン
眉犬(真エンド)
あなたは…眉犬さんだったのですか?



 
 
キュ~ン…。



あなたは、人をいきなりおそうという事が
どんなにいけない事かわかっているのですか!


 
これからその事について、じっくりとお説教してあげますから
よく聞くんですよ。わかりましたね!!


 
 
キュ~ン…。



ペトゥム
スマッシュ
 
おっ、ペトゥムじゃねぇか。
こんな所で会うなんてめずらしいな。


…そうですね。



 
 
久しぶりに会うが、全然変わっていないようだな。



…そうですね。



 
 
キリやアリババ達は元気でやってるのかな?



…そうですね。



 
 
何だか、さっきから
『そうですね』しか言わねぇじゃねぇか。


…そうですね。



 
 
ペトゥム、お前ふざけてんのか!!



…ん…あぁ…。
これはこれはスマッシュさん。
おはようございます。

 
あまりの眠気に、思わず立ったまま寝てしまいましたよ。



 
ところで大声なんかだして…
どうしたんですか?


 
 
なにぃ~っ!!
ということは、今までのお前の返事は全部寝言だったのか!!


ペトゥム
ユリワカマル
やあ、こんにちは。



 
 
あ…あぁこんにちは。



はじめまして、ペトゥムです。
よろしくお願いします。


 
 
あ…オレはユリワカマル。
こちらこそよろしく。


それでは時間がもったいないので、
そろそろ始めましょうか?


 
 
そうだな、そうしようか。



ペトゥム
眉犬(真エンド)
おや、あなたは眉犬さんでしたか。



 
 
クゥ~ン…。



なるほど、人を探しているんですか。
その人なら、先ほどあっちにいましたよ。


 
 
ワンワン



いや、お礼なんて結構ですよ。
それではお元気で。


 
スマッシュ
ユリワカマル
いよいよ最後か…。
いったい、どいつが相手なんだ?


 
まぁいいか。
どんなヤツが相手だろうと、オレは負けん!


 
 
なんだ。最後の相手はバカ犬だったのか…。



お前はユリワカマル!



 
 
はっ、あいかわらずスケベな顔をしてるな。



にゃにおぅ~!
お前の方こそ、
あいかわらず色気がねーのな。

 
 
そんなに死に急ぎたいのか?スマッシュ。



ふん、急いでるのはお前じゃねーのか?
ユリワカマル、勝負だ!!


 
 
望むところだ。



スマッシュ
ユリワカマル(エンディング)
よし、オレの優勝だぜ!



 
さぁ、何人の女の子がオレの優勝を
祝ってくれるのかなぁ~?


 
 
おい、スマッシュ。
まわりには、もう誰もいないぞ。


にゃにぃ~っ!!



 
い…いや
このオレの優勝を祝ってくれる女の子が
きっとどこかに隠れているはずだ!

 
どこだ? どこにいるんだっ!
カワイイギャル達よっ!!


 
………………



 
 
もう、いい加減あきらめたらどうだ?



優勝して女の子にモテモテ計画が…。
ジゴロになる計画が…。


 
そ…そんなぁ…。



 
 
ふぅ、やれやれ…。
あいかわらずのバカだな…。


スマッシュ
眉犬(真エンド)
お…お前は眉犬!!



 
 
クゥ~ン…。



元気だったか?
会いたかったぞ~!


 
 
ワンワ~ン!



アオ~ン!!



 
ユリワカマル
スマッシュ(エンディング)
 
くそぅ…オレの負けだ…。



………………



 
 
オレも男だ!
ハラをくくったぜ!!


 
さぁ、ユリワカマル。
落とし前としてこの体、
煮るなり焼くなり好きにしてくれ!!

なんだ…お前にしちゃ、
やけに往生際がいいじゃないか…


 
………ってヤメろ!!
お前は何を考えてるんだ!!


 
 
え? チガウのか??



 
だってこういう時は普通、
負けた方が服を脱ぐって
相場が決まってるじゃねぇか。

い・い・か・ら!



 
お前に何もしないから、
さっさと服を着ろ!!


 
 
なんだお前。
そんなにオレのハダカがハズかしいのか?


あたりまえだろ!
俺は女だ~!!


 
ユリワカマル
眉犬(真エンド)
なんだお前、眉犬だったのか。
相変わらず変な顔~。


 
 
キュ~ン…。



よ~し、再会ついでに、またラクガキしてやろ~か。
どんな顔にしてやろ~かな~?


 
 
キャイ~ン!!