※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

僕は空気 作詞/74スレ17

何気ない瞬間に 僕はそこにいる
君のそばで静かに 見守ってる
少し暑い春の日差しに スーツ姿の女神
おでこに光る汗をハンカチで 拭き取ってた
腕に光る真新しい時計 針の刻むスピードを
軽く超える位に僕の胸 高鳴ってた
すれ違う時 眩しい笑顔に
不安と期待が絡み合うけれど
いつの日かまた お酒の席で
隣同士になればいいのにな
そんな事ばかり考えてた
何気ない瞬間に 僕はそこにいる
君のそばで静かに 見守ってる
会話交わした事ない 僕たちだけど
君がいつか僕の事を 気づいてくれると
信じてる
僕は空気 いてもいなくても一緒さ

(このページは旧wikiから転載されました)