※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

春眠  作詞/無楽

夜にまどろみ朝を忘れ
昼に渡るは夢の浮橋
花の香りに鶯の声
勝てないものは陽だまりの側
指を這わせてなでて落ち ほほをすべるうたかたの
けだるさを愛でる日の午後 戻らないから夢で会う
起きて仰いだ窓の色に
今日という春尋ねれば
返す便りは風に乗り
落ちた幾重の春が舞い込む
移り変わってまた廻り 眠り落ちゆく幸せは
はんなりと枯れる気高さ 悲しくないとうそぶける