※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

黄金革命  作詞/つまだ

快楽者の灰汁は動乱期の黎明
古き錦織れど 吐いて棄て
幸福論に乞うも黄金郷の浮世絵
今宵も鐘ならず 時にすがる僕は
跪いたら
廃屋で踊らされていた
外を見るなら
勝利者が腕を高く上げた
太陽と戦火を広げ
西に沈む銃声や
活きる糧に革命者
命をも捧ぐ
快楽者の灰汁は動乱期の黎明
古き錦織れど 吐いて棄て
幸福論に乞うも黄金郷の浮世絵
今宵も鐘ならず 時にすがる僕は
為すが侭に この身と朽ちてゆく