※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

春雨  作詞/298スレ27  作曲/うずまき

雨の降る日は軒先に
落ちる雫を数えましょう
流れる雲と沈丁花
縁側ゆるり香る風
てんてんとんとん
てんてんとんとん
若い葉先を濡らします
雨が上がれば靴を履き
石の畳を歩きましょう
匂いガラスを掌に
桃の花弁を愛でましょう
てんてんとんとん
てんてんとんとん
澄んだ空気に伝います
薄陽が差せば遠回り
池の畔を往きましょう
父と遊んだ幼い日
跳ねる小石と円いふち
てんてんとんとん
てんてんとんとん
光る水面を揺らします

音源