※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

華の行方  作詞/無楽

人の愛でしは 華の色
地面落ち逝く ふるまいを
見届けた後は 掃いて捨て
来たる季節の 華を待つ
肩にひとひら あるとても
払い落して 行き交える
同じ色とて 同じ華とて