※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

愛、飢えを(お)欠き  作詞/栗毛

1)
あ りがとうと
い ってくれて
う れしかった
え がおがその証拠
お ち込んでた時に
か けてくれた言葉
き ずついてた僕も
く すっっと笑った
け っして忘れることない
こ の思いは
さ よならをしたって
し っかり憶えてる
す きだよなんて
せ の低い僕には言えなかったけど
そ んなことを思ってた
2)
た のしかったよ
ち かくにいるだけで
つ ながっていなくても
て を繋いでいなくても
と なりにいるだけで
な んとなく眺めていた
に っこりと笑う顔の
ぬ しを
ね ぇそろそろ行くよと
の っくの音がする
は じめて会った日から
ひ と目見たその時から
ふ くざつな気持ちさ
へ んてこな気持ちさ
ほ んとは大好きだよ
3)
ま た会えるその日には
み んなよりも先に
む かうよ君のもとを
め ざして
も う一度会えたら
や さしくしてあげたい
ゆ るしてね今までのこと
よ そうはしてたけどやっぱり寂しいな
ら いねんまた戻ってくるから
り んごの季節に
る ーぷ毎年このくりかえし
れ きぜんとした立場の違い
ろ んりーはーと切ない
わ けもなくギリギリまで君
を 待っている僕がいる君が見送りな
ん かするわけがないのに