※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

郷愁  作詞/267スレ160

「心残りなんて何一つないよ 最初から何もないからさ」
格好つけてそんなこと言って 半ば逃げ出すように故郷を飛び出した
行き先なんてどうでもよかった 此処に来たのはほんの気まぐれ
七時間もバスに揺られて降り立ったそこは雪国
転んで仰いだ空はひたすらに広くて
真っ白な山やわずかな建物たちが
月明かりを跳ね返して水平線まで照らしてた
315km離れたここは雪国 思っていたよりも街はあかるい
東京より315km ここは雪国 思っていたよりもあたたかい
でもごめん やっぱ実家も好きなんです
いまから帰るよ