※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

おっぱい  作詞/267スレ136

うとうとする クーラーの真ん中で
僕は 天井を見つめてて
君のおっぱいを浮かべては
包まれて眠った
君の乳首の色は
紫とピンクの中間で
淡く切なく
そして夢はさめて・・・
あの夏の日 クーラーの真ん中で
僕は 君の胸に抱かれて
君の胸に抱かれて
ウーウーウー・・・