※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

AM  作詞/256スレ272

蛍光灯が眩しくて 僕は瞬きを繰り返した
この街でまだ灯を点けてるのは家ぐらいなもんかな
そんなこと考えてたら何だか寂しくなった
僕はまだ 君のこと思い出すけど
君はもう忘れたんだろう
僕のことなんて
宇宙は思ったより広いみたいだけど
君みたいな人にはもう出会えない気がするよ
宇宙の何処を探しても 君の欠片さえ見つからないんだ