※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

酢飯埋めり  作詞/quicksilver 作曲/よーし、ひろよん

酢飯を埋めました 冬の朝
理由はないけれど 泣きながら
我の命繋ぐ為 種(たね)を殺し食むなれど
幾千もの魂が 土に抱かれ春を待つ
桜の花の木の下は 死体は埋まっておりませぬ
桜の花の木の下は あの日の酢飯があるのです

音源