※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

イカソング  作詞/230スレ15

これは脚色でもフィクションでも何でもない
とある昼下がりの定食屋での出来事
うっすら醤油のにおいの漂う寂れた店内で
隣に座ったサラリーマン風の男がこう言ったんだ
「イカソング定食ひとつ」
兄さん それどう見てもイカリング
どこからどうみてもイカリング
でももし イカソングなるものが存在するとするのなら
食ってみたい 食って全てを忘れたい
そんなことを考えながらトンカツ定食を平らげた
ラララ イカソング ぷりっぷり イカソング
イカ食っていいか? 食ってはいかん!
ラララ イカソング ぬるぬる イカソング
イカはいかが? いかにも私がイカです