※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

中二-sea side memories-  作詞/225スレ50

枯れ葉ざわめく木々を横目に海岸線の道を行く
潮騒に呼ばれるように波打ち際へ降りる
吹き付ける 冬の風 打ち寄せる波は渦巻く
飛び散る水滴に思わずに目を細める
ゆらりゆらり流木が浮いたり沈んだり
ふわりふわり枯れ葉が足元に絡みつく
ふとあの雲の下あたりには何があるのかな
なんて思うよ
なんてかっこつけてたら 思い出した
デスクトップに置きっぱなしのエロ動画
そういえばさっきから電話が鳴るな
電話を開くとかあちゃんだ
嗚呼どうしようオワタ wow・・
嗚呼どうしようオワタ yeah
そうだ京都いこう