※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

弐次元傾倒人  作詞/222スレ364

貴女を愛して早幾年
同じ台詞は飽きが来る
次元向こうの貴女は微笑んで
沈黙… 沈黙…
頬を寄せても温もり逃げる
我が身、慟哭に震える
温度伝わり 紙温かく
自嘲… 自嘲…
形無き心なら伝わればいいのに
所詮は電気信号
抱き締めて 抱き絞めて
壊れて次元 飛び越えて
塞いだ耳に 響くのは
果てな無き世より 君の声
抱き占めて 抱き閉めて
溢れた鳴咽 鍵を呑み
握ったこの手に 触れるのは
そこに居るべき 君の髪
熱を、ください
鼓動、ください