※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ぬいぐるみ  作詞/175スレ457

いつもお誕生日にひとつ
ぬいぐるみを買ってもらっていた
それは手のひらにおさまる
可愛いくまのぬいぐるみ
いつからだろう お父さんが
プレゼントをくれなくなったのは
どうしてだろう お母さんに
元気がなくなったのは
ある日 学校 早退した
それは 偶然に悲劇だ
そこで 見たのは 公園の
ベンチに 佇む お父さん