※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

千景駅  作詞/173スレ8

白線の 向こう側で揺れる
真夏日の 昼下がりに笑う
あーあ
君とみた 景色を過ぎていく
あの駅の 由来は色褪せず
悲しくないし
寂しくないし
ただ
千の 景色だけじゃ 足りないから
ねぇ待ってて
二回目の季節に また逢いにくるから
ねぇ待ってて
指折り数えて また逢いにくるから