※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

さよならいった  作詞/ねがめ

昨日夢で見たのは 僕が旅に出るところ
誰にも邪魔されずに 自由を見つける為に
昨日夢で見たのは 君がここから出るところ
誰にも知られることなく 君が君に成る為に
※何時だって思うんだ
何かをするには短くて
何もしないには長すぎるって
それでも僕は
何もしないよりしたほうが
中途半端に終わっても いいかなって
思うんだ
君はどう?
昨日駅で見たのは ずっと昔の僕みたい
ホームを駆け抜けて 父親の足にしがみついた子
昨日駅で見たのは 多分町から出る君
大きな鞄を肩にかけて 僕は心の中で「さよなら」云った