※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

煙る砂漠の焼ける砂  作詞/162スレ107

吹き付ける 石飛礫
 片目を奪い 見えなくなる己
刺のように 千の矢が
 貫いた 造反する己の核
 煙る砂漠の焼ける砂 水を奪う
吹き抜ける 強い風
 片目を奪い 見えなくなる己
針のように 細いまま
 貫いた 脆弱な己の核
 煙る砂漠の焼ける砂 水を消す