※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

切ないバラード(仮) 作詞/154スレ134

僕らはただ歩き続きた その意味さえ理解せずに ありもしない目標目指して
闇雲に歩き続けて たどり着いた場所は辺り一面雪景色
そこで見つけた掛け替えないただひたすらに崇高な目標
雪解けの季節には何かが消えてゆく あまりに儚すぎて何かさえ思いだせない
全ては君のため 口ではそういっても それは自分を傷つけないための 仮初めの言葉