※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

あなたしかわからない  作詞/148スレ106

独りは 辛くて 哀しいと
私は 知っていたから 手を取った
あなたは 退廃を 愛して
私は 知らないまま あなたに恋した
ふたりしかいない ふたりしかいない
信じられるのはあなただけ
目にうつるものも 感じるすべても
何一つ 私には・・・
風が吹く
季節がかわったと告げる 冷たい風
それさえ 私には 意味のない便り
あなた以外わからない・・・
世界の色が変わる頃、私はあなたに出会って
世界の色が変わる頃、私はあなたに恋をして
世界のすべてが終わる頃、私はあなたを愛してる
終わらない
果てのない絶望の迷宮(ラビリンス)
その中で あなただけがすべて だから
繰り返す苦痛の嵐も 耐えられる 希望の光
ああ あなたしかわからない・・・