※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

時を戻せたら 作詞/隣のあの子

何も知らずに笑えた あの頃に戻れたら
貴方のその嘘にも 微笑で返せたのだろう
ああ、時はとても残酷で この瞬間でさえも進んでる
ああ、この雑踏に紛れて どこかへ消えてしまいそう
夕闇に紛れ貴方を待つ私
一つずつ夜に明かり灯る
約束など無く毎日逢えた
プツリと切れた運命の糸
現実を知って笑えた 時はまた進んで行く
あの夢は過去に捨て 私は今日も今を行く
ああ、貴方と過ごす日々は 私は私で居られた気がする
ああ、貴方が居ない日々は 私を抜け殻へと塗り替える
待ち侘びた夏祭り一人でも
私は歩んで行くと笑っても
止め処なく溢れ堕ちる涙
あの日から時間が止まった
私を置き去りにして

(このページは旧wikiから転載されました)