※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

臆病 作詞/藻膿ゲ

愛されたいと思っても 言葉には出さない
自分の意志だと思ってた いつか言えると思ってた
愛されたいと思っても 願いは決して届かない
決して誰にも言わないから あの人には伝わらない
ごめん と本当は思っても 誰も気づくことはない
それくらい小さい言葉で それくらい小さい声で
さようなら とつぶやいても もうあの人は振り返らない
ボクは好かれてはいないから ほんとは好かれるどころか
なんでだよ と叫んでも もう絶対に聞こえない
目の前に横たわるのに もうどこにもいないから