※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夏空  作詞/115スレ550 作曲/nirareva

消えてった花火の名残惜しさを胸に 僕はまた一歩足を出した
足下の水たまりに映ってた 透き通る夏の空を見てた
うだるような暑さと瞬く星に包まれて 僕が思ってたことは
明日の青い青い晴れすぎた空と これから先の僕の人生
小さな悩みに捕らわれてた昨日は 打ち寄せる波の向こうに置いてきて
まだ長いこれからの人生を 楽しまなきゃ損でしょう?
さぁ笑って まだ夏は始まったばかりだ
これから楽しい思い出を作っていこう
もっと笑って ちょっとだけ顔を上げれば ほら
何処までも続く夏空

音源