※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夏の雨  作詞/112スレ753

鈍色の空 寝っ転がって
落ちてくる雨 ただ眺めてる
叩きつけるよな 土砂降りの雨
水打つ大地と 冷たい唇
脈打つ鼓動と 熱い指先
このまま流れてしまおうか
このまま溺れてしまおうか
すべてが冷めてしまうまで
すべてが終わるその日まで