※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

リリアンフリル  作詞/山副清志

風になびく、リリアン君のフリルとても美しい。それはまるで万華鏡、覗けば覗くほど虜になってく。
幸せなのかい?そのまぶしい笑顔周りを照らし続ける、まだものたりないの?欲張りな君に制裁を…。
風になびく、リリアン君のフリルは僕により赤黒くそまる、どうして泣くんだい?痛いからなんだろ?それは仕方がないんだよ…。君せいなんだから…。
どうして僕の名を呼び続けるの?なぜ手を伸ばしてもがきながら掴もうとする?
愛だなんて、皮肉なものさ、時すでに遅しと誰がいった?
風になびく、リリアン君のフリルは僕により赤黒くそまる、どうして泣くんだい?痛いからなんだろ?それは仕方がないんだよ…。君せいなんだから…。