※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

死ながら  作詞/89スレ138

音割れの通話口 掻い摘む手口
笑い声響く 不要であるが故の感情
僕の何を理解したつもりなの?表向き 戯れ言 掌は白く
価値があると訴えれば ただの白紙にも値札がつき
壊れてしまえば、この痛みは止むのかな?
偽善ぶる弱さと甘さ その手にはあったけど
壊してしまえば、全部嘘になるのかな?
頭の中の音階が、雑音を奏でていた
それを押し付けて、高みの見物ですか?
嘘を誤魔化し、また嘘で塗り固めるのですか?
無駄な言葉を、ただ投射するだけですか?
それで満足ですか?僕はただ頷いた
僕を表した三行
それに本質はなく

(このページは旧wikiから転載されました)