※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

死にゆく天パに花束を  作詞/97スレ474

その引き金一発引いたら
明日が始まると思ったんだ
俺は銃口を頭に向けて
勢い良くぶち抜いたのさ
さんさんと降り注ぐ太陽
徐々に熱を失う体温
爪の間に黒く溜まった
不味い過去を飲んでも誰も報われはしねぇ
いつも無駄に髪にかかったWave
スチールウールと呼ばれ続けたYesterdays
死にゆく天パに哀れみを
死にゆく天パに微笑みを
死にゆく天パに温もりを
死にゆく天パに花束を
死にゆく天パに弔いを
死にゆく天パに優しさを
死にゆく天パに永遠を
死にゆく天パに花束を
大地に寝そべってる自分の
頭に赤く染まる穴に花を挿す
なんだかとっても綺麗だ
なんだかとっても綺麗だ・・・