※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

Memento mori 作詞/90スレ767

部屋には君の香水の残り香が
置き去りにされた僕を誘惑する
ベットの下に落ちたままの銀
契れた鎖は僕らの運命みたいだ
後を追いかけようとした思い
腕に刻まれた幾つもの傷痕痛い
写真たてには君の最期の笑顔が
僕の涙で滲んだ痕と残っている
銀のロザリオは君を天国に導くの?
ねぇ、誰か彼女の場所を教えてください
残された僕は君を忘れ無いように
好きだった思い出と一輪の華を手向ける
貼り付けられた数日前の約束は
来世でまた見る事が出来るのか
あの幸せな頃の回想に揺れる僕
君はもうこの世に形として無い
銀のロザリオで君を天国に導いて
願わくば僕が朽ち果てた時、迎えに来て
残された僕は君を忘れないからね
一つの誓いの言葉と共に変わらぬ僕を生きる

(このページは旧wikiから転載されました)