※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

二人の両手分 作詞/45スレ532

片手分の年月が 二人の間を繋いでる
ささやかだけど日常が 笑顔を咲かせて続いてる
 夢があれば 語り合い
 哀しみあれば 支えあい 心が優しく溶けて行く
片手分の年月が 二人の両手を繋いでる
たまには二人つまづいて 雨降る空になっている
 虹が出たら 仲直り
 陽射しの下で 寄り添えば 心が自然に解けてゆく
片手分の年月が いつしか二人の両手分
そんな夢が叶ったら 全ての季節を抱きかかえ
 雪が降る日も 雨の日も
 風の吹く日も 晴れの日も 泣いて笑って生きていこう

(このページは旧wikiから転載されました)