※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

優しい悪魔のアンチテーゼ 作詞/45スレ738

優しい悪魔のように 少女よ 生きた証を残せ
紅の空気が過去から 心のドアを開いて
私達をながめながら 嘲笑を浮かべている
べたべたと触る でもすぐに飽きて
先の運命は知っているの 艶やかな視線を向けて
それにずっとわかっていたんでしょう その腹部には 微かな過去
目的もない 翼もない
優しい悪魔のアンチテーゼ
裏口からすぐ駆け出す 貫くような冷たいパルスで 未来を約束するなら
この地上を突き放して暗く 少女よ 生きた証を残せ
すぐに目覚める 君の憎しみのベビーベッド
私だけが 現実の支配者になれる夜が過ぎる
太い首そのものも 太陽の日差しは照らさない
この国だけの時間を進め 解き放ちたい
絶対私たち出会えない それに意味はない
君はそう 束縛を強いるテスタメント
優しい悪魔のアンチテーゼ
嬉しさはすぐに終わる
突き放した体の色 その現実の眠りにつく後
独りだけ闇に飲まれる 少女よ 生きた証を残せ
無生物は絶望を捨てながら存在を消していく
鬼になれるからこそ 君は死ぬ
優しい悪魔のアンチテーゼ
裏口からすぐ駆け出す 貫くような冷たいパルスで 未来を約束するなら
この地上を突き放して暗く 少女よ 生きた証を残せ

(このページは旧wikiから転載されました)