※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

主人公のテーマ(仮) 作詞/40スレ428 作曲/ぶいあいぴー

初恋の人は犬に取られて 自称女の豚に迫られ
道を歩けば羽虫にモテて 笑い声が背中に貼り付く
人じゃないのか 人以下なのか 
認めないのか 俺を見てくれ
いや 見ないでくれ 名前を呼ぶな
名前は覚えないでくれ 覚えたなら忘れてくれ
呼ばれても答えることはできない 笑い声が嫌いだから 耳をふさいでいるから
微笑みながら俺と話すな 俺を笑うならいないときに
俺に手を差し伸べるな 拭くくらいはじめからするな
愛という字と恋という字が嫌いになった
見たことないものを信じろというのか
幸福なんて思い違いで 勝手に勘違いしているだけ
だったらしてやろう こっちからな勘違い 俺は幸せで満たされている
 *全世界に向け、中指を立て 親指で羊に死を求め 小指と人差し指で破滅を祈ったが薬指は指輪を求めていた
歪んだ心はなかなか治らない 直そうとしたら余計歪んだ
無理に直そうと手をあて 力込めたらポキリと折れた
気が付けば持ち物はすべて金属 脆い物が不愉快
変わらないのが安心 冷たいのが心地いい
思い出に火をつければ心が軽くなる かざせば手のひらが焦げる
大切なものは多すぎて持ちきれないから 全部灰にした(すべて燃やせば開放される 燃え残ったなら砕いてしまおう)
鏡を見ればにきびの痕が待っている ドアを開ければ 日差しが目に刺さる
月明かりは足元をを照らさない 塀が行く手を阻んで 靴紐が足を引く
重なる手のひらに憧れ ないものを探して靴をすり減らした 
ピースを待ち続ける穴は埃がたまっている 違うものを無理やり押し込んだが
違和感あるパズルは完成させず火をつけた
広い青い空に憧れ 
信じたくないが無意味なこと 羽を集めても翼はできない

 *

音源



(このページは旧wikiから転載されました)