※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題(31スレ84) 作詞/31スレ84

時の概念と共に、
悪人共の甲高い笑い声、機械音。
小鳥のさえずりが消える。
地点には、愛という観念を失った殺戮マシーンがいて、
僕がいて、世紀を超えた排出物があって、
太古からの意思が折り重なって、すべてが廃墟になって。
いずれ姿を消すものたち、
繁栄を知れば知るほど、もの悲しくなる。
純粋なものなんて何一つないけれど、
でも、この瞬間があって、
この死を受け入れて、
輝かしくて、悪人共の笑い声が聞こえる。
「今この一瞬にこそ、すべてが内包しているんだ」
と思ったら、
なんだかとても清々しい気持ちになった。

(このページは旧wikiから転載されました)