※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

春に鳴る 作詞/38スレ227

少しだけ哀しさを残して私は
行くでしょう もう居られないから
精一杯 愛してくれた味方の貴方へ残します
きっといつかは こうなると言う事 知っていたでしょう?
だって・・・
(サイレンが鳴り止みません
もう二度とは 戻れない)
「私のこの体から出た異変の事、本当は
知っていたんですね?そうでしょう?」
(結構無茶な所から間奏)
(サイレンが鳴り止まない・・・
サイレンが・・・)
雪が溶け春になりました 私は行くでしょう
もう二度と戻れない 私は そう思います
そう独り・・・そう独り・・・
もう・・・

(このページは旧wikiから転載されました)