※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

3月の風 作詞/39スレ231

流れる時の真ん中で
ふと君の存在を感じた
流れる時の端っこで
初めて気付いた愛しさ
何千と流る言葉の中で
あふれ出す時の渦が
僕らの存在を教えてくれる
3月の風が優しく吹いて
僕らを何処かへ運んでゆく
ふと気付けば君が居ることで
どれほど助けられたか
今更ながら気付いたよ
3月の風は優しく吹いて
僕らは4月へと続くのだろう
でも僕の大切な場所はここだった

(このページは旧wikiから転載されました)